• /
  • コラム/
  • アダプティブラーニングとは?メリットや、代表的なサービスは?

2016-04-18

アダプティブラーニングとは?メリットや、代表的なサービスは?

この記事では、アダプティブラーニングについてまとめています。アダプティブラーニングのメリットや、代表的なサービスについて紹介します。

アダプティブラーニングとは

アダプティブラーニングとは、適応学習とも呼ばれ、学習者ひとりひとりに合わせた学習方法、また、個々の学習者の学習進捗に合わせて、適切な問題を最適なタイミングで提供することで、その学習者に特化された、その学習者専用の学習環境を用意することを指します。

また、学習者の苦手分野をとらえて、そうした学習データをeラーニングシステムで管理や可視化することが可能です。

集合授業ではこういった形でコンテンツを生徒に提供するのは困難でしたが、NETの発達や動画コンテンツの増加によって、そういったことが現実的に実行できるようになってきました。

カーンアカデミーの創業者である、サルマンカーン氏がプレゼンした内容が非常にわかりやすいです。

マイペースの学習というのはみんなに有用なものです。
教育用語では個別化学習と呼んでいますが 実際教室でやると すごいものがあります。 今までは ある時点で評価をして 「この子はできる子 この子はできない子だ」と言っていました。
「別々に扱うべきかもしれない クラスを分けたほうがいいかも」 でも自分のペースでやらせると これは何度も目にしていることなのですが 最初のいくつかの課題を学ぶときに 時間のかかっていた子どもたちが それを理解したあと 急に上昇を始めるのです。6週間前にはできない子と思っていた子が 今やできる子になっているのです。
私たちが恩恵を受けている 肩書きのどれほどが 実際は 偶然にもたらされたものかと思います。

上のプレゼンの一節は、アダプティブラーニングがもたらすメリットを象徴的に表現していると思います。

このアダプティブラーニングについて、オープンイノベーション研究所シニアコンサルタントの関島氏は、「レベルの最適化」と「学び方の最適化」ができるとしています。

まず「レベルの最適化」についてです。こうした新たな学習方法が生まれた背景に、今までひとつの学習教材を購入したら、ひたすらその教材を解いていくことで、単元によって得手不得手が生まれてしまっても対応することができなかったことを挙げています。

これを解決するために、教材を電子化し、単元ごとにバラバラにして、個人が必要な分だけを購入できるようにすればいいと言います。どのレベルのどんな単元を購入したかや、解答の結果がデータとして残れば、その学習者個人の得意なところ・不得意なところが明確になり、それによって自分に合った教材を選ぶことができると言います。

また、「学び方の最適化」については、アダプティブラーニングを実現するうえで欠かせないとしています。

例えば暗記する場面で、これまでの紙に書いて覚える方法以外にも、タブレット端末に書き込んだり、ゲームのようなアプリを使って覚えるなど様々な手段があります。こうしたできるだけ多くの方法を用意して自分がやりやすい学習方法を見つけてもらうことが「学び方の最適化」です。どちらも欠けてはならない重要なポイントで、この二つを行うことで、ひとりひとりに合った学習を行うことができます。

アダプティブラーニングのメリット

アダプティブラーニングのメリットには、

  • 学習進捗だけでなく、学習時間・間違った箇所・解答速度の分析による得手不得手、学習者の記憶定着度の可視化
  • 蓄積されたデータをもとに最適なタイミングで忘却曲線上にある問題を頻出させ、集中的に学習するなど個人に特化された出題形式
  • 最適な問題を最適なタイミングで出すことによる効率よい学びが可能
  • ソーシャル機能等を通じた、学習者同士の共有による学習意欲の活性化

などが挙げられます。紙媒体でなくデータとしてコンピュータ上に残すことができ、それをもとに個人に特化した学習教材を作り上げることができるのはこれまでにない方法と言えます。

アダプティブラーニングの代表的なサービス

Knewton

アダプティブラーニングといえば筆頭に挙げられるサービスです。

「Continuous Adaptivity(継続的なアダプティヴィティ)」を特徴とし、ひとりひとりの学力や理解度に合わせて学ぶべき対象がマッピングされ、個人に最適な方法、学習を提示するシステムが導入されています。常に学習者の学習進捗に合わせてその対象を変化させていくことが特徴です。

fishtree

アメリカで誕生したアダプティブラーニングシステムです。

Fishtree Inc. は「同じ教材を全ての生徒に」ではなく「一人ひとりの生徒に合った教材を」というビジョンを掲げ、このfishtreeは、現在アメリカや韓国で多くの学校法人に導入されています。ソーシャルラーニングの機能も強く、指導者・学習者・学習者同士などのコミュニケーションも行うことができます。

RICS(Ritsumeikan Intelligent Cyber Space)

2014年5月より立命館守山中学校・高等学校が進めているアダプティブラーニングです。

蓄積された学習記録・行動履歴をポートフォリオとし中高大一貫教育で共有化するというログの活用を行っています。

すらら

株式会社すららネットによる、小学校高学年から高校生を対象とした「対話型アニメーションe-Learning教材」です。

アニメーションで動くキャラクターを介し、生徒ひとりひとりのドリルの理解度や正答率に応じて、学ぶべき単元や問題の難易度を調整し、その生徒に最適な問題を出題するシステムを提供しています。

関連キーワード

エージェントに 無料転職相談する
中途採用支援の依頼をする
教育業界の非公開求人が多数 転職エージェントに相談する