• /
  • コラム/
  • 教育業界で土日休み・日中勤務の仕事に転職!具体的な職種を紹介します

2018-01-17 2020-07-01

教育業界で土日休み・日中勤務の仕事に転職!具体的な職種を紹介します

学習塾の多くは生徒の帰宅時間に合わせて、夕方以降から授業が開始します。

また、予備校では夏休みなどの長期休暇期間を利用した「短期集中講座」を開講していることも多いです。

そのため、塾・予備校で働く講師の勤務はシフト制が多く、休日が不規則になることもあります。

塾講師はあくまで教育業界の仕事の中の1つですがこれらのイメージもあり、教育業界の仕事に「不規則」で「土日は休めない」といった印象をお持ちの方は多いようです。

この記事では意外にたくさんある、教育業界の土日休みの仕事を紹介します。

教育業界にも土日休みの仕事はある

冒頭でも触れた通り、塾や予備校・スクールの講師職や運営職は、勤務時間が不規則になりがちです。

しかし教育業界には塾・予備校を運営する企業以外にも、

  • プログラミングや英語などの各種スクール運営会社
  • ICT教材の制作・販売会社
  • 各種試験の運営団体
  • 出版社
  • 学校、学校法人

などさまざまな企業や団体が存在します。

また、学習塾を運営する企業には、本社で勤務するバックオフィス系の仕事があります。

こういった教育関連企業の職種の一部や、学習塾運営企業のバックオフィス系の職種には土日休みの仕事も多くあります

▶教員免許を活かせる仕事に転職!どんな求人がある?

教育業界が平日休みと思われてしまう理由

そもそもなぜ教育業界には平日休みのイメージがあるのでしょうか。

それは、教育業界というと民間の学習塾や予備校をイメージする方が多いためです。

学習塾は学校のない時間に運営するため、平日の放課後や土日に授業行います。

学習塾の運営に関わる仕事(講師や教室長など)は、土日も勤務することになります。

▶教育コンサルタントに転職したい人がはじめに見ておくべき基礎知識

教育業界の土日休みの仕事

ここからは教育業界で土日休みの仕事にはどういったものがあるのか、

  • 教育関連企業
    • 営業
    • テキスト・教材制作
    • カスタマーサポート
    • 経理・人事・労務などバックオフィス系の職種
  • 学校
    • 教員
    • 教務事務

上のように大きく教育関連企業と学校に分類し、具体的に紹介します。

教育関連企業

教育関連企業には、

  • 学習塾・予備校を運営する企業
  • 教材制作会社
  • デジタル教材の開発会社 など

があります。

教育関連企業で働く人々の勤務時間は、対象とする顧客に合わせる形が一般的です。

土日休み・日中勤務の多い具体的な職種として、以下の4つを紹介します。

  1. 営業
  2. テキスト・教材制作
  3. カスタマーサポート
  4. 経理・人事・労務などバックオフィス系の職種

営業

営業と一口にいっても扱う商材は幅広く、対象となる顧客も様々です。

例えば、

  • 学習塾を利用してもらえるように子どもや保護者向けに行うもの
  • 自社が提供している教材やシステムを利用してもらえるよう法人向けに行うもの

などがあります。

一般的に企業が行う営業には、対企業の「BtoB(Business to Business)」、対個人顧客の「BtoC(Business to Consumer)」の2種類があります。

特にBtoBの営業の場合、営業先となる企業や法人に合わせ、平日勤務・土日休みで働いている方が多いようです。

テキスト・教材制作

学校や塾で使用する教科書や資料集などの教材、テストなどを制作する、教育業界で人気の職種の1つです。

近年はeラーニングやデジタル教材が盛り上がっています。

このような仕事は制作会社や納品先などの企業の都合に合わせて業務を行う事も多く、土日休みが一般的です。

カスタマーサポート

カスタマーサポートとは、顧客からの問い合わせに対応する仕事です。

例えば通信教材を提供する会社では、商品に関する問い合わせに対応するカスタマーサポート部署を設けていることがあります。

カスタマーサービスは平日9時~17時までのように時間が決まっている場合があり、この場合は土日休みの勤務形態となります。

経理・人事・労務などバックオフィス系の職種

学習塾を運営する企業においてもバックオフィス系の職種は基本的に平日勤務・土日休みの勤務形態です。

バックオフィス系の仕事とは、

  • 総務
  • 経理
  • 労務
  • 法務
  • 人事・採用 など

顧客対応を主とする営業等の部署をサポートする部署・業務のことを指します。

学校

学生時代を振り返ってみるとわかるように、学校は原則土日休みなので、学校で働く教員も平日勤務・土日休みです。

ただし、私立学校の場合には土曜日に授業を行う場合があります。また、公立・私立限らず部活動は土日に行うことが多いため、部活顧問となった場合には例外となります。

教員

公立学校の教員は地方公務員の扱いとなるため、原則土日祝日は休日です。

ただ、部活の顧問があったり、学校行事の準備があったりと休日出勤をしている教師は少なくないと言われており、実態は定かではありません。

▶教師・教員の働き方改革!学校はどう変わる?背景や方向性を解説

教務事務

教務事務とは、様々な教育機関において事務や管理業務を行う職種です。

仕事内容としては、経理事務、総務事務、受付事務、広報事務、学生募集事務などであり、企業のバックオフィスと同じような業務を行います。

学校や所属部署にもよりますが、土日休みの教務事務は多くあります。

▶教育業界での転職を成功させるには?会社選びから面接対策まで完全ガイド

Youtubeチャンネルを開設しています!ぜひチャンネル登録をお願いします

教育業界への転職でEducation Careerを活用する4つのメリット

弊社は教育業界専門の転職サイト・転職エージェント「Education Career」を運営しています。

ここでは、転職活動において弊社を活用頂くメリットをご紹介します。

①独自の求人やテーマに合わせた求人を紹介可能

教育業界専門の転職エージェントだから、他のエージェントでは積極的に紹介されないような求人(教材制作/学校営業/スクール運営/各種企画職)もご案内いたします。

  • EdTech(教育×テクノロジー)
  • STEAM教育
  • グローバル人材育成
  • 社会人教育

などの関心領域に合わせてご提示することも可能です。

②面談を通した、個人にとってよりよいキャリアを提案

弊社では、弊社オフィスにお越しいただくか、電話/ビデオ通話等での面談を必須としています。

面談を通じて、

  • 教材作成や企画にチャレンジしたい
  • 年収をあげたい
  • 土日休みの仕事がしたい
  • 夜遅い勤務を日中勤務にしたい

といった要望、条件を伺った上で、よりよいキャリアの選択肢を提示するためです。

※ご紹介可能な求人はご経歴や、タイミング・時期によって変動いたします。状況によっては転職をおすすめしないこともあります。

③豊富な実績を元に、書類作成、選考対策をサポートします

  • 学校の先生/教員
  • 学習塾の講師や教室長
  • 各種の教材制作/編集
  • 教育関連業種での営業
  • ITエンジニア
  • 異業界から教育業界への転身

などなど多くの方々の教育業界での転職を支援しております。

出身の職種特有の書類の作成や面接対策も行っています。

教育関連の企業に興味はあるが、知識や経験がなくどのようにするべきかわからないという方は、弊社にご相談頂ければコツやポイントをお伝えします

④利用は無料!相談=転職ではなく、中長期的なキャリア相談も可能

弊社のご利用は全て無料です。

また、転職相談・面談を行ったからといって、求人に応募しなければいけないわけではありません

ご要望やタイミングに合わせて、転職活動の開始時期等もアドバイスさせて頂き、支援いたします。

今すぐではないが、今後考えているという方のキャリア相談も歓迎しておりますので、お気軽にご相談ください。

早期の活動開始と事前準備が転職成功のカギ!お早めに相談ください

ご自身が納得され、条件的にも満足出来るような転職活動を行うには、

  • 情報収集
  • 選考の対策

が欠かせません。

ただ弊社の感覚値、90%以上の方の準備が不足しています。

準備を行えば採用につながる可能性がある場合でも、準備不足によりお見送りになってしまうケースがあります。

転職エージェントを活用頂ければ、本人では気づきづらい、もったいないミスも避けることが出来ます。

特に弊社は、教育業界における実績が多数ございますので、業界特有、個別の企業に対する対策を行えます。

ただ、高い品質での面談を行うため、面談数は限定で行っています。

面談ご希望の方は、出来るだけお早めに以下のフォームよりご相談ください。

Youtubeでも教育業界とキャリアに関する情報を発信しています


ぜひチャンネル登録お願いします。

関連キーワード

エージェントに 無料転職相談する
中途採用支援の依頼をする
教育業界の非公開求人が多数 転職エージェントに相談する