• /
  • コラム/
  • 研修向けeラーニング会社から大手IT企業の新規事業部門へ転職【体験談】

2020-11-03 2020-11-04

研修向けeラーニング会社から大手IT企業の新規事業部門へ転職【体験談】

eラーニング会社からIT企業の教育系新規事業部に転職された伊達さん(仮名)にインタビュー。

  • 新卒時の就職活動
  • eラーニング会社での仕事内容や働き方
  • eラーニング会社を辞めた理由
  • 転職活動の進め方
  • 現職に入社を決めた理由
  • 転職活動におけるアドバイス

などを伺いました。

※この記事は弊社運営のYouTubeチャンネル「転職とキャリアの研究所」の動画の内容をまとめたものです。動画は前編・後編とシリーズで公開しています。

eラーニング会社での仕事について

佐久間
佐久間
今日はよろしくお願い致します。まず自己紹介をお願いします。
大学3~4年生の頃まで教員を目指していて、インターンで関東圏の高校や中学に行って放課後の学習指導や教育カリキュラム設計の提案をしていました。その時、自分が学生だった頃と学校が全く変わっていないと思いました。その状況を変えたいという背景から教育をテクノロジーで変えていける、前職のeラーニング会社に2016年に新卒で入社し、約4年間働きました。
佐久間
佐久間
インターンのご経験からテクノロジーを使った教育サービスに携わりたいと思い、それなら教員として現場に立つより、eラーニング会社などに行かれた方がいいと思われたんですね。入社されたのは具体的にどのような会社だったのでしょうか?
eラーニングといっても多様多種ですね。英検やTOEICなど既製品のコンテンツを提供するサービス、先生の手持ちの資料等をeラーニング化するプラットフォームサービス、オリジナルコンテンツの3つを提供している会社でした。
佐久間
佐久間
どういった方が顧客になるんでしょうか?
入社前は企業と中学校や高校と聞いていました。入社してみると主に企業研修がメインでしたね。
佐久間
佐久間
伊達さんは具体的にどういったお仕事をされていたんですか?
主に企業の人事部や教育担当者向けにeラーニングシステムの提案営業をしていました。もともと学校現場向けにテクノロジーを使った教育を提供して課題解決をしたいと思っていたので、自分のやりたいこととのギャップは感じていました
佐久間
佐久間
働き方はどうでしたか?
平均残業時間は約10時間ほどで、いわゆるホワイト企業に属しているかなと思います。一方でパソコンを持ち帰って退勤後に自宅で作業することもありました。実際の残業時間は30~40時間にはなっていたと思います。
佐久間
佐久間
休日は土日ですか?
企業向けのセールスの時は基本土日で、学校の教授と接触する機会があると土日出勤がありました。代休をとれる仕組みはありましたが取りづらく、働いていないことになってました
佐久間
佐久間
給料はどのくらいでしたか?
理論年収が1年目で350万円最終年度(4年目)で400万円ほどでした。

転職活動について

佐久間
佐久間
転職しようと思った理由は何ですか?
1つは仕事内容のギャップです。当初やりたかったマーケットと違ったので、自分のやりたい市場へシフトしたいと思いました。2つ目が結構大きかったのですが、結婚して子供が生まれるタイミングだったので収入を上げたいと思い、転職を決意しました。
佐久間
佐久間
転職活動はどのように進められたんですか?
まずは情報収集のために、転職エージェント3社に登録しました。コロナの影響でオンラインで面談ができたのもあり、3社とのやりとりもそこまで煩雑になりませんでした。自分の知らない求人を紹介してもらえたので、複数のエージェントを使ってよかったと思います。
佐久間
佐久間
エージェントの違いや担当者ごとの違いはありましたか?
3社とも毛色が違いました。
佐久間
佐久間
選考は何社くらい受けたんですか?
書類を出したのは20~25社くらいで、面接を受けたのは10~15社です。内定は3社から頂きました。現職のIT企業の企画職と、AI関連のプロダクトを提供する会社とSaaS系のサービスを提供する会社の営業職です。
佐久間
佐久間
現職はIT企業の教育事業のサービス企画ですよね。入社の決め手はどういった点だったのでしょうか?
収入面です。前職の年収+約200万円の年収(約600万円)を条件提示してもらい、プラスもともと自分がやりたい領域だったので内定をいただいて即決でした。
佐久間
佐久間
営業→企画のように転職で職種が変わるときは年収が下がるとか、そもそも転職が難しいとか言われますが伊達さんは年収アップされたんですね。どういったところが評価されたと思いますか?
前職の経験、特にオリジナルのコンテンツを提案する営業をしていたので、IT系の教育サービスを扱っていた点は評価してもらえたのかなと思います。あとジョブ型の採用だったのも年収アップの鍵かなと思います。
佐久間
佐久間
現職ではどういったお仕事をされてるんですか?
主に小中高生向けの学習サービスの企画を行っています。
佐久間
佐久間
選考ではどういったことを聞かれましたか?
前職の具体的な仕事や、セールスで営業成績をどう上げていたかなどを聞かれました。
佐久間
佐久間
素晴らしい転職をされていると思いますが、いま振り返ってみてうまくできた要因は何だったと思いますか?
オンライン面接は成功の鍵の1つだったと思います。仕事をしながらの転職活動は面接の日程調整が大変ですが、オンライン面接のおかげでタイミングよく調整できました。あとは選考を通じて教育業界全体の動向を知ることで専門性が上がったのもよかったと思います。
佐久間
佐久間
転職活動のアドバイスはありますか?
軸はきちんと持った方が良いです。軸がブレブレだと面接でボロがでてしまうので、私は「教育ICT関連のサービス」と「条件(年収)」の2軸をしっかりと持っていました。
佐久間
佐久間
選考の場で給与面のお話しはされたんですか?転職理由をそのまま伝えると「仕事内容と年収」になりますよね
子供が生まれるのは転職のきっかけではあったので、オブラートに包んで年収のことは伝えていました。
佐久間
佐久間
年収の伝え方はすごく大事だと思いますが、ライフステージの変化は比較的伝えやすいタイミングの1つですよね。非常に勉強になりました。本日はありがとうございました!

関連キーワード

エージェントに 無料転職相談する
中途採用支援の依頼をする
教育業界の非公開求人が多数 転職エージェントに相談する