• /
  • コラム/
  • オランダの教育の制度・特徴は?世界1と言われる理由と個性を尊重するイエナプラン

2019-12-17 2019-12-25

オランダの教育の制度・特徴は?世界1と言われる理由と個性を尊重するイエナプラン

ユニセフが実施した2013年度「子どもの幸福度リポート」で、オランダは総合順位1位を獲得しました。

同調査の教育の項目でオランダは1位を獲得し、最近オランダの教育は世界一と言われることもあります。

この記事では、オランダの教育の特徴や日本との比較、教育制度の歴史などについて説明します。

世界1と言われるオランダの教育の特徴

オランダの教育の特徴について、義務教育制度の概要、独特な教育方針を説明します。

義務教育は5~18歳、授業料は無料

オランダの教育は、8・4(~6)・4制の教育課程です。

義務教育は、5歳~18歳までです。

オランダの義務教育課程は、公立・私立ともに無償となっています。

初等教育は、5歳~12歳までの8年間です。日本のような決まった学区はなく、通学可能な学校から選択します。

カトリック系・プロテスタント系・イスラム系などの多様な学校があり、独自のカリキュラムで教育が行われています。

中等教育は4~6年間で、以下のような種類があります。

  • 大学進学中等教育(6年間)
  • 中級一般中等教育(5年間)
  • 初級一般中等教育(4年間)
  • 初級実務中等教育(4年間)

どの課程に進むかは、生徒・保護者・教師の三者面談で判断し決定します。

その後、初等教育8年生(日本の小学6年生)は、4月15日~5月15日に3日間の全国最終テスト「CITOテスト」を受験します。

最終テストの結果が予想を超えた場合は志望校を上方修正でき、下回った場合は特に変更なく推薦されます。

このテストの受験は2015年以降義務となりました。

高等教育には、実務専門大学校と大学教育の2種類があります。

実務専門大学校では、技術・応用物理・経済学・教育学などの専門分野を学びます。

大学は日本とは異なり、4~6年の修士課程・博士課程が中心で卒業要件が厳しくなっています。

また、このシステムは途中からでも進路変更が可能となっています。就職希望から大学進学への変更や、学力があれば学校を変えることも可能となっています。

こどもの個性を育む教育方針

国立国会図書館デジタルコレクション「各国憲法集(7) オランダ憲法 第23条」によると、オランダの憲法には教育に関する以下の内容が定められています。

  1. 教育は、政府が常に配慮する事項である。

  2. 教育の提供は、自由である。ただし、公的機関が監督すること並びに法律で指定された教育形態に関して、教育者の能力及び徳性を審査することを妨げない。詳細については、法律で定めるものとする。

  3. 公立学校教育については、各人の信仰又は生活信条を尊重しつつ、法律で定める。

  4. 各自治体において、公的機関により、十分な初等普通教育が十分な数の公立学校で提供される。公立学校でなくとも初等普通教育を受ける機会が与えられる場合には、法律の定める規則により例外を認めることができる。

  5. 全部又は一部について公金の支出を受けるべき教育に課される質に関する要件については、法律で定めるが、私立学校教育に関しては、信条の自由を考慮する。

  6. これらの要件は、公金から全額支出された私立学校教育及び公立学校教育の質が等しく十分に保障されるように、初等普通教育について定められる。規定に際しては、とりわけ、教材の選択及び教員の雇用に関する私立学校教育の自由が尊重される。

  7. 法律の定める要件を満たす私立学校による初等普通教育は、公立学校教育と同一の基準に従い、公金から支出を受ける。法律は、私立学校による中等普通教育及び大学進学課程の教育に対して公金が支出される要件について定める。

  8. 政府は、毎年、教育の現状について議会に報告する。

オランダでは、子ども1人ひとりの能力や資質、本人の希望によって様々な選択ができます。

例えば、どの科目をどの曜日に勉強するかを、子どもたちが自分で決めることができます。学習内容も自分の興味や理解の度合いに合わせて学ぶことができます。

自分がやることを自分で選べる子どもたちは、自律の感覚を身に付けることができる、という考えに基づいてこの方針が取られています。

オランダでは小学校にも留年制度があります。

これは、わからないまま進級するよりも、もう一度同じ学習をやり直して遅れを取り戻し苦手な教科をなくすことが大切だという考えに基づいています。

▶教員免許を活かせる仕事にはどんな求人がある?成功の秘訣を解説

オランダと日本の教育の違い

外務省の「諸外国・地域の学校情報:オランダ」を参考に、オランダと日本の教育制度を比較したものが以下の表です。

オランダ 日本
学校制度 8・4(~6)・4制 6・3・3・4制
義務教育期間 5歳~18歳までが義務教育年齢 満6歳~満15歳
学校年度 8月1日~7月31日 4月~3月
学期制 なし 3学期制
教育概要・特色 義務教育の間は国の補助があり、公立も私立も無償 日本の義務教育期間は、公立のみ原則無償

オランダの学校制度は8・4(~6)・4制で、

  • 初等教育:8年間
  • 中等教育:6年間
    • 4年間:シニア中等職業教育(MBO)または見習プログラムへとつながる
    • 5年間:高等職業専門教育(HBO)へとつながる
    • 6年間:大学教育へとつながる
  • 大学:4年間

です。

オランダの義務教育期間は5~18歳ですが、16歳までに中等教育の卒業証明書を取得していれば通学しなくとも良いことになっています。

但し、取得していない場合は、18歳までに取得することが求められます。

オランダの就学前教育は義務ではありません。

託児所が6週間~4歳、保育園が2-2.5歳~4歳の子どもを預かっています。費用は保護者の所得等によって異なります。

2017年時点の全国最終テストを受験する生徒数は121,516名(全体の約65%程度)の見込みです。

▶教育コンサルタントに転職したい人がはじめに見ておくべき基礎知識

オランダの教育の歴史

戦後、オランダの教育制度は「教育の自由」を基盤として、多様な教育を提供する学校が設立していきました。

1968年に文部省によって民間機関のCITOが作られ、初等教育最終学年に対する進学資料作成のためのテストが行われるようになりました。

1970年代以降イスラム教徒の労働者及び子どもが増加し、1992年に最初のイスラム学校が設立されました。

1990年代になると、国家による「教育の質の確保」が提言されました。

1993年に基礎学校卒業時に習得しておくべき内容として「到達目標」が規定されました。

これは1998年に初等教育法にて法化され、さらに教育計画の作成・公表が義務付けられました。

1999年に、3年に1度すべての学校に視察官がまわり、教育が適切に提供されているかを視察する制度が開始しました。

2000年代以降、特に変革は起こらず、安定して多様な教育を提供する環境が構築されていきました。

2015年に、中等教育への進学に関して、それまで最重要視されていた全国最終テスト「CITO」の比重が軽くなり、教師のアドバイスの比重が重くなりました。

一時点での生徒の成績よりも、生徒と8年間を知っている教師に信頼を置くべきという考えから、このような方針転換がなされました。

▶教師の転職が難しい理由は?転職するためのコツ

オランダの教育の成果

ここでは、オランダの教育の成果について、子どもの幸福度調査・PISA・TIMSSの調査結果をもとに説明しています。

ユニセフ「子どもの幸福度」調査で第1位

ユニセフが公表した「子どもの幸福度リポート」によると、総合順位でオランダは1位を獲得しています。

子どもの幸福度リポートは、

  1. 物質的豊かさ
  2. 健康と安全
  3. 教育
  4. 日常生活上のリスク
  5. 住居と環境

の5分野のスコアから順位が算出されます。5分野の順位を平均し、総合順位が決定されます。

オランダはそれぞれ、1位・5位・1位・1位・4位を獲得し、総合順位で1位です。

PISA調査は数学的リテラシーで好成績

国立教育政策研究所のまとめた「OECD生徒の学習到達度調査(PISA)」によると、オランダの調査結果は以下の通りです。

読解力 数学的リテラシー 科学的リテラシー
2000年
2003年 9位 4位 8位
2006年 11位 5位 9位
2009年 10位 11位 11位
2012年 15位 10位 14位
2015年 15位 11位 17位
2018年 26位 9位 15位

※2000年にオランダでPISA調査が行われましたが、学校の参加率が国際基準を満たしていなかったため、分析結果からは除外されています。

2003年の調査結果では、全ての分野で10以内に入っています。

2006年以降はやや順位を落とし、直近の2018年の調査では読解力26位、数学的リテラシー9位、科学的リテラシー15位です。

TIMSS2015では19位

国立教育政策研究所の「算数・数学及び理科の到達度に関する国際的な調査(TIMSS)」によると、オランダの調査結果は以下の通りです。

算数・数学 理科
小学校 中学校 小学校 中学校
1995年 5位 9位 6位 6位
1999年 7位 6位
2003年 6位 7位 10位 8位
2007年 9位 17位
2011年 12位 14位
2015年 19位 29位

オランダは、1995~2003年の調査でトップ10にランクインしています。

2007年以降は順位が下がり、2015年は小学生・算数で19位、小学生・理科で29位となりました。

▶教育業界での転職を成功させるには?会社選びから面接対策まで完全ガイド

オランダ発祥の”イエナプラン”教育

オランダでは、教育の自由の下、多様な教育が提供されています。

特徴のある教育のひとつに、イエナプラン教育があります。

1960年代に最初のイエナプラン校が設立され、その後拡大し現在は約220校程度あると言われています。

イエナプラン教育は、子どもが互いに一人ひとりの個性を尊重し合い、共生心を養う教育のことです。

ドイツのイエナ大学で発祥したイエナプランですが、現在はオランダで盛んな教育法となっています。

イエナプラン教育とは、子どもが互いに個性を尊重し合い共生心を養う教育

まとめ

  • オランダの教育課程は8・4(~6)・4制
  • オランダの憲法で「教育の自由」が保障されている
  • オランダはユニセフの子どもの幸福度調査で1位

オランダの多様な教育を提供する環境が子どもの幸福感に結びついていると考えられます。

最近では日本からオランダへ、イエナプランを学びにいく教師や先生もいるようです。

個性を大切にするオランダの教育は、教育関係者だけでなく生徒や保護者からも今後関心が集まることでしょう。

▶中国の教育の特徴は?PISA2018で世界第1位の制度、日本との違いを解説

▶アメリカの教育の特徴・制度は?義務教育期間は学費無料!多様性を認める教育

▶フィンランドの教育の特徴は?日本との違い、幸福度ランキング世界第1位の秘密を解説

関連キーワード

エージェントに 無料転職相談する
中途採用支援の依頼をする
教育業界の非公開求人が多数 転職エージェントに相談する