• /
  • コラム/
  • リベラルアーツ教育とは?意味や由来・歴史、目的や役割は?どのような実例がある?

2019-01-04

リベラルアーツ教育とは?意味や由来・歴史、目的や役割は?どのような実例がある?

この記事では、リベラルアーツ教育についてまとめています。リベラルアーツ教育の意味、由来・歴史、目的や役割について、具体例を挙げ紹介します。

リベラルアーツ教育とは?

リベラルアーツ教育とは、日本語に訳すと「一般教養を学ぶ教育」の意味ですが、明確な定義はありません。一般的には、専門教育を学ぶために必要となる基礎知識として理解されています。

リベラルアーツ教育は古代ギリシャ ローマ時代に起源を持っていますが、昨今ではアメリカをはじめとし、日本でもリベラルアーツ教育を導入する大学が増えています。

日本では、経済産業省産業人材政策室が平成30年2月に「人生100年時代の社会人基礎力について」のなかで、現代社会で求められる力として「社会人基礎力」を提唱しました。同省は、社会人基礎力を「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」と定義しています。

リベラルアーツ教育は、経済産業省が平成26年3月に「『社会人基礎力を育成する授業30選』実践事例集」のなかで、社会人基礎力を養うための教育として紹介され、注目を集めています。

リベラルアーツ育の由来、歴史は?

リベラルアーツという言葉の由来は、ギリシャ・ローマ時代の「自由七科(じゆうしちか)」です。自由人として生きていくため、人間を束縛から解放するための知識や力を身につける学問を指します。当時、リベラルアーツは奴隷でない自由人として必要な素養とされていました。

古代ローマから、17世紀のイギリスを経てアメリカに継承され、日本に伝来しました。

リベラルアーツ教育の目的は?

リベラルアーツ教育の目的は、現代社会の問題解決に必要な力を養うことです。

現代社会に必要とされる知識は、文系・理系の枠組みにとらわれないものになっていると考えられています。一つのテーマを複数の学問的視点から学んだり、一つの専門領域を深く学ぶためにその基盤となる複数の学問を学ぶことにより、その知識を身につけることができます。

多様な知識を学び、自ら課題を見つけ出し広い視野で物事を判断できる力を養うことで、現代社会に必要な人材を育てていくことを目的としています。

リベラルアーツ教育の事例は?

早稲田大学

早稲田大学国際教養学部では、少人数指導の下、基礎的な教養・多元的な視点・論理的思考を養うことに重点をおいたリベラルアーツ教育を行っています。

同学部の特徴は、高い国際感覚を育む環境づくりに力を入れていることです。学部での共通言語を英語とし、日本語を母語とする学生には1年間の海外留学を必修としています。また、第二言語として22の言語を学ぶことができ、英語圏だけではなく世界各国の約300以上の大学から留学先が選択できます。

世界規模の問題に意欲的に取り組む高い志と倫理観、国際競争力、人間的魅力を備えた、世界に貢献できる人材の育成を教育方針として掲げています。

立命館アジア太平洋大学

立命館アジア太平洋大学は、「自由・平和・ヒューマニティ」「国際相互理解」「アジア太平洋の未来創造」を基本理念に掲げ、2000年に設立された大学です。同大学には、グローバル・コミュニケーション・プログラム(GCP)という派遣プログラムがあります。

このプログラムでは、春セメスター第2クォーターの2か月間、アメリカのSt. Edward’s University(SEU)へ留学し、全米でも定評のあるリベラルアーツ(教養教育)科目を履修します。スピーチ指導、思考力、多文化社会、ボランティアなどの授業を少人数で受講します。

現地の授業ならでは積極的な発言が求められるため、英語力だけでなく、積極性や学修から得られる自信を高め、多角的な視野を養うことで、大きく成長できるプログラムとなっています。

上智大学

上智大学国際教養学部は、半世紀以上にわたってリベラルアーツ教育を英語で提供してきました。1年次に基礎教育、2年次後半から3つ(国際経営/経済学、社会科学、比較文化)の専門分野から選択するプログラムとなっています。

これらの専門分野のコースに加え、英作文、批判的思考、パブリックスピーキングのコースが用意されています。

国際機関や多国籍企業などで活躍できる「グローバル社会対応型」人材の育成を目的としています。

国際教養大学

国際教養大学は、「国際教養教育」を教学理念に掲げ、グローバル社会におけるリーダーの育成を目的としている大学です。同大学は、スーパーグローバル大学創成支援事業の一環として、24時間リベラルアーツ教育を推進しています。

学生の約9割がキャンパス内に居住している特性を生かし、生活の場としての「学生寮」から、リベラルアーツ教育を24時間実践するための「教育寮」への転換を図っています。

リベラルアーツ・カレッジ

リベラルアーツ・カレッジとは、アメリカのリベラルアーツ教育を導入している四年制大学のことを指します。アメリカ全土に600校ほどあり、500~3000人ほどの小規模で全寮制の大学がほとんどです。

ハーバード大学をはじめとした総合大学とリベラルアーツ・カレッジには違いがあります。

総合大学は、大学での学習をもとに発展させ、専門性の高い大学院での研究に注力できることが特徴です。一方でリベラルアーツ・カレッジは、専門性よりも幅広い知識や教養を身につけることに重点を置き、社会のリーダーの育成を目的にしていることが特徴です。

教育業界への転職ならEducation Careerにご相談下さい

弊社(株式会社ファンオブライフ)は、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営しています。また、教育×テクノロジーをテーマにしたWebメディア「EdTech Media」を運営しており、教育分野の様々な企業(大企業・優良ベンチャー/スタートアップ)と独自のネットワークを有しています。

教育業界への転職や、教育業界出身者の転職を検討されている方は、是非ご相談ください。

教育業界専門の転職エージェントだから、独自の求人を紹介可能

業界専門の転職エージェントだから、大手エージェントでは積極的にご紹介しないような求人(教材制作/学校営業/スクール運営/各種企画職)もご案内が可能です。教育×IT、STEAM教育、グローバル人材育成、英語学習、社会人教育などの、ご興味・ご関心に合わせることも可能です。
また、今までの経験・スキルを活かした仕事や、条件面(給与・休日など)の向上が望めるような仕事をご希望の場合は、条件に合う求人をご紹介いたします。※ご紹介可能な求人はご経歴や、タイミング・時期によって変動いたします。

利用は無料!履歴書や職務経歴書の作成、面接対策もサポートします

転職エージェントの利用は無料です。履歴書や職務経歴書の作成サポート、面接対策も行いますので、転職が初めてという方、不慣れだという方も安心してご利用下さい。

教員や学習塾、各種スクール等の出身者の転職実績も豊富です

Education Careerでは、教育業界出身者の方の転職を多く支援しています。学校の先生・教員、学習塾の講師や教室長、各種教材制作、学校営業の方々の転職を多く支援しております。職種特有の面接・選考対策も可能です。

相談=転職ではありません。まずはお気軽にご相談ください

弊社に転職相談を行ったからといって、求人に応募しなければいけないわけではありません。ご要望やタイミングに合わせて、転職活動の開始時期等もアドバイスさせて頂き、支援いたしますので、まずはお気軽に以下のフォームよりご相談ください。

関連キーワード

エージェントに 無料転職相談する
中途採用支援の依頼をする
教育業界の非公開求人が多数 転職エージェントに相談する