• /
  • コラム/
  • 小学生・中学生・高校生の通塾率の推移まとめ!

2019-04-01

小学生・中学生・高校生の通塾率の推移まとめ!

この記事では、小学生・中学生・高校生の通塾率の推移をまとめています。

長期間連続して実施されている調査がなく、今回は異なるデータを使用して推移をみるため、小中学生は1985年から2007年と、2007年から2017年で、高校生は1990年から2015年の推移になっています。

データは、文部科学省の「学校基本調査」「子どもの学校外での学習活動に関する実態調査報告」、国立教育政策研究所の「全国学力・学習状況調査」、ベネッセ教育総合研究所の「学校外の学習機会」を使用しています。

2017年の調査では、小学生の通塾率は約46%、中学生の通塾率は約61%、高校生の通塾率は約27%となっています。

小学生の通塾率の推移

小学生 通塾率の推移(1985年~2007年)

小学生の通塾率の推移

1985年から2007年の小学生の通塾率は、1985年から2007年では全体的には右肩上がりとなっています。2007年が最も通塾率が高く、約26%でした。この期間を平均すると約22%です。

小学生 学年別通塾率の推移(1985年~2007年)

小学生の学年別通塾率の推移

1985年から2007年の学年別の小学生の通塾率は、小6の通塾率が高く、小1の通塾率が低いです。小1と小6では約24%の差があります。学年が高くなるにつれて通塾率が高くなる傾向があります。

学年別の推移としては、小6は1993年の約42%をピークに、2002年に少し下がり、2007年にかけて少し上がり約38%となっています。小5は2007年が最も通塾率が高く、約28%でした。小4は2002年の約28%がピークです。小1・小2・小3は年々通塾率が上がっていることがわかります。

小学生 通塾率の推移(2007年~2017年)

小学校6年生の通塾率の推移

2007年から2017年の小学生の通塾率は、平均47%前後で大きな変動はせず推移しています。2017年には約46%となりました。

通塾率には大きな変動はないものの、生徒数が減少している影響をうけ、通塾者数は2013年以降減少しています。

小学生の人口推移に関するまとめ!男女別、学年別、学校区分別、都道府県別の推移は?

中学生の通塾率の推移

中学生 通塾率の推移(1985年~2007年)

中学生の通塾率の推移

1985年から2007年の中学生の通塾率は、1993年の約60%をピークに徐々に下がっており、2007年にかけて約54%となりました。1985年から2007年までは、平均約53%です。

中学生 学年別通塾率の推移(1985年~2007年)

中学生の学年別通塾率の推移

1985年から2007年の中学生の学年別通塾率は、中3の通塾率が高く、中1の通塾率が低いです。中1と中3は約13%の差があります。

学年別の通塾率の推移としては、1993年の中2約53%、高3約60%がもっとも高く、2002年にかけて下がり、2007年に再び上がっています。2007年には、中2は約52%、中3は約65%となりました。

中1は、1993年以降下がり続けています。1993年の通塾率は約52%でしたが、2007年には約45%となっています。

中学生 通塾率の推移(2007年~2017年)

中学3年生の通塾率の推移

2007年から2017年の中学生の通塾率は、2008年の約63%が最も高く、その後は約62%前後で推移し、2013年の約60%以降は年々僅かに上がっています。小学生の2013年頃からの生徒数の傾向と同様に、中学生の数が減少していることから、通塾者数は減少気味であることがわかります。

中学生の人口推移に関するまとめ!男女別、学校区分別、都道府県別の推移は?

高校生の通塾率の推移

高校生 通塾率の推移(1990年~2015年)

高校生の通塾率の推移

1990年から2015年の高校生の通塾率は、年々上がっています。1990年の通塾率は約13%でしたが、2015年には約27%になり、約2倍になっています。

通塾率の伸長に合わせ、通塾者数も増加しています。1990年の通塾者数は約700,000人でしたが、2015年には約870,000人となり、約1.2倍に増加しています。

高校生の数は2007年頃からわずかに減少もしくは横ばいで推移していますが、通塾率が上がっていることから、通塾者数が伸長していることがわかります。

高校生の人口推移に関するまとめ!男女別、学校区分別、都道府県別の推移は?

通塾率のデータ、グラフについて

グラフについて

通塾率の推移をみるために、すべてのグラフで軸の最大値を70%にしています。生徒・児童数は、そのグラフごとに異なる軸を使用しています。

通塾率のデータについて

小学生 通塾率の推移、学年別通塾率の推移(1985年~2007年)

通塾率は、「子どもの学校外での学習活動に関する実態調査報告」を使用しました。通塾者数は、文部科学省の「学校基本調査」の生徒数に先述の通塾率をかけて算出しています。

小学生 通塾率の推移(2007年~2017年)

通塾率は、国立教育政策研究所の「全国学力・学習状況調査」を使用しました。

全国学力・学習状況調査は、国・公・私立学校の小学校第6学年、中学校第3学年を対象に行われていますが、ここでは小学校第6学年のデータを小学生としています。

質問紙調査の設問「学習塾(家庭教師含む)で勉強をしていますか」に対し、2~5を選択した生徒数を通塾者、全体における通塾者の割合を通塾率として算出しています。

※回答は、「1.学習塾に通っていない」、「2.学校の勉強より進んだ内容や、難しい内容を勉強している」、「3.学校の勉強でよくわからなかった内容を勉強している」、「4.上記2,3両方の内容を勉強している」、「5.上記2,3の内容のどちらともいえない」から選択。なお、2011年は東日本大震災に伴い、この調査は実施されていません。

通塾者数は、文部科学省の「学校基本調査」の生徒数に先述の通塾率をかけて算出しています。

中学生 通塾率の推移、学年別通塾率の推移(1985年~2007年)

通塾率は、「子どもの学校外での学習活動に関する実態調査報告」を使用しました。通塾者数は、文部科学省の「学校基本調査」の生徒数に先述の通塾率をかけて算出しています。

中学生 通塾率の推移(2007年~2017年)

通塾率は、国立教育政策研究所の「全国学力・学習状況調査」を使用しました。

全国学力・学習状況調査は、国・公・私立学校の小学校第6学年、中学校第3学年を対象に行われていますが、ここでは中学校第3学年のデータを中学生としています。

質問紙調査の設問「学習塾(家庭教師含む)で勉強をしていますか」に対し、2~5を選択した生徒数を通塾者、全体における通塾者の割合を通塾率として算出しています。

※回答は、「1.学習塾に通っていない」、「2.学校の勉強より進んだ内容や、難しい内容を勉強している」、「3.学校の勉強でよくわからなかった内容を勉強している」、「4.上記2,3両方の内容を勉強している」、「5.上記2,3の内容のどちらともいえない」から選択。なお、2011年は東日本大震災に伴い、この調査は実施されていません。

通塾者数は、文部科学省の「学校基本調査」の生徒数に先述の通塾率をかけて算出しています。

高校生 通塾率の推移(1990年~2015年)

通塾率は、ベネッセ教育総合研究所の「学校外の学習機会」を使用しました。通塾者数は、文部科学省の「学校基本調査」の生徒数に先述の通塾率をかけて算出しています。

教育業界への転職ならEducation Careerにご相談下さい

弊社(株式会社ファンオブライフ)は、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営しています。

また、教育×テクノロジーをテーマにしたWebメディア「EdTech Media」を運営しており、教育分野の様々な企業(大企業・優良ベンチャー/スタートアップ)と独自のネットワークを有しています。

またオンライン教育・ICT教育に携われるポジションも多くございますので、教育業界への転職や、教育業界出身者の転職を検討されている方は、是非ご相談ください。

関連キーワード

エージェントに 無料転職相談する
中途採用支援の依頼をする
教育業界の非公開求人が多数 転職エージェントに相談する