• /
  • コラム/
  • 非エンジニア歓迎!プログラミングスキル不要のプログラミングスクールの仕事

2020-06-21 2020-06-24

非エンジニア歓迎!プログラミングスキル不要のプログラミングスクールの仕事

小学校では2020年4月よりプログラミング教育が必修化されました。

GMOメディアと船井総合研究所が行った調査によると、プログラミング教育市場は2020~2025年の5年間で2倍以上になると言われています。

プログラミング教育市場は盛り上がりを見せており、成長している企業も多く、積極的に採用を行っている企業が多くあります。

教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している弊社では、

  • 「プログラミング教育に関わる仕事をしたい」
  • 「プログラミングスクールで働きたい」

というご相談をいただくこともあります。

ご相談いただく方の中には「プログラミングが出来ないとプログラミングスクールで働けないのではないか」と考える方も多いようですが、非エンジニアでもできるプログラミングスクールの仕事はあります

この記事ではプログラミングができなくても働くことができるプログラミングスクールの仕事を紹介します。

非エンジニアでも出来るプログラミングスクールの仕事

非エンジニア、つまりプログラミングが出来なくても出来るプログラミングスクールの仕事として、

  1. 営業(法人・個人)
  2. 受講生サポート
  3. 教室・スクール運営
  4. マーケティング
  5. バックオフィス

の5つを紹介します。

プログラミングスクールの仕事はプログラミングが必要になることはむしろ少なく、プログラミングが必須となっている求人は多くありません。

※あくまでプログラミングスキルが必須ではないという意味で、プログラミングができてマイナスにはなることはありません。

1. 営業(個人・法人)

非エンジニアが出来るプログラミングスクールの仕事の1つ目が営業の仕事です。

プログラミングスクールの営業には個人向け、法人向けがあります。

個人営業は、受講を検討して資料請求や問い合わせをした方に対し、プログラミングスクールを検討している理由などを伺って、最適なプラン・スケジュールを提案する仕事です。

法人営業には、

  1. スクールで行っている教育サービスを企業に研修として提供する営業
  2. リクルーティングアドバイザーと呼ばれる人材採用支援を行う営業

の2パターンがあります。

1つ目は、教育サービスを企業に研修として提供する営業や内定者・新人・経験者向けなど、顧客となる企業に合わせて最適な人材育成やプランを提示する仕事です。

2つ目は、リクルーティングアドバイザーとも呼ばれ、エンジニアを採用したい企業に対して、自分たちのスクールの卒業生の就職先候補の一つとしてアカウントを開いてもらう仕事です。

アカウント開拓後も、要件のすり合わせ、人材の提案などフォローアップも行います。

こうしたプログラミングスクールの営業は、売上げを立てていくための重要なポジションです。

個人営業であればその人にとってプログラミングを学ぶ価値を把握しそれにあった提案をする力、法人営業であれば企業の人材育成や採用のニーズを的確に把握して、自社のスクールで貢献出来ることを提案する力が求められます。

2. 受講生サポート

2つ目は受講生のサポートに関わる仕事です。

受講生が学習しきれるように、満足度高くスクールを利用してもらえるようにサポートする仕事です。

受講生サポートは受講生がカリキュラムを最後までやり遂げられるように伴走します。

上で述べた個人営業と兼ねる場合もあり、企業によって異なります。

受講生が最後までカリキュラムをやりきって、スキルを高め、卒業後にIT業界に転職したり、フリーランスとして活躍することが、そのプログラミングスクールの実績・評判になり、さらに集客に繋がります。

受講生の満足度を高めるための重要なポジションです。

プログラミングに関する知識よりも人のやる気を高めるコミュニケーション能力・人間性を重視して採用される傾向があるので、非エンジニアの方にもチャンスが多い職種です。

3. 教室・スクール運営

3つ目は、教室、スクール運営の仕事です。

受講生のサポートを行うスタッフの管理や教室・スクールの売上管理、生徒情報の管理などの教室運営を行います。

学習塾でいうところの教室長やスクールマネージャーです。

特に小中学生向けのプログラミングスクールやロボットプラグラミングのスクールに多い職種です。

教室運営のポジションに求められる力は教室や生徒をまとめられるコミュニケーション能力・マネジメント能力です。

4. マーケティング

4つ目はマーケティングの仕事です。

プログラミングスクールでマーケティングの募集を行っている場合、多くはWebマーケティングスタッフの募集です。

プログラミングスクールは数が増え、生徒獲得の競争が激しく、集客の難易度は年々高くなっています。

いかに効率よく多くの受講生を集められるかはプログラミングスクール運営にとって極めて重要です。

より具体的に言うと、リスティングやアフィリエイトなどのWeb広告、コンテンツマーケティングなど、それぞれの分野で担当を募集しています。

一部、オフラインの広告やクリエイティブの担当者なども求められます。

プログラミングスクールに限った話ではないですが、マーケティングの求人は募集が少ないうえに、人気も高いので未経験の方が採用されるにはハードルの高いポジションといえます。

5. バックオフィス

5つ目はバックオフィスの仕事です。

プログラミング教育市場は急成長していて、プログラミングスクールを運営する企業も成長していることが多いです。

企業の成長のためには組織として体制を整える必要があるので、バックオフィスの採用に注力している会社は多いです。

具体的に言うと、

  • 採用や人材の育成を担当する人事
  • 資金調達をする財務
  • 日々の支払い・入金の管理を行う経理
  • 事業運営の法的リスクを管理・修正する法務

などのポジションです。

それぞれのポジションでは、各職種での経験や専門が求められ、プログラミングができる必要はありません。

▶受講料だけじゃない!プログラミングスクールのビジネスモデルを徹底解説

▶教育コンサルタントに転職したい人がはじめに見ておくべき基礎知識

プログラミングスクールで働きたい非エンジニアに特におすすめの仕事

非エンジニアの方が出来るプログラミングスクールの仕事で特におすすめなのが「法人営業」です。

先述した通り、プログラミング教育を研修として企業に提案する営業と、卒業生の人材採用を提案する営業の大きく2種類があります。

法人営業をおすすめする理由は、

  1.  年収が高く、成果次第で昇給可能性も高いから
  2.  市場価値が高いから
  3. 需要の高い商材だから
  4. 今後の人材ニーズを的確に把握できるから

の4点があげられます。

1つ目の理由は、法人営業の仕事は比較的年収が高いからです。

成果次第では、成果給があることもあり、高年収が得やすく、収入を得るための選択肢として魅力的です。

法人営業として結果を出すと、その後の管理職としてのキャリアも開けるので、ステップアップしていきやすい点も魅力です。

2つ目の理由は、転職市場での評価が高いことです

教育・研修や人材採用などの無形商材を扱った法人営業の経験は転職市場での評価が高いです。

こうした経験を積んで置くことは、キャリアにとってもプラスに働く可能性が高いです。

3つ目の理由は、需要の高い商材だからです。

プログラミングスクールの法人営業が扱うのは、「エンジニアの人材育成研修」や「エンジニアの人材採用」です。

DX(デジタルトランスフォーメーション)といわれるように、ビジネスのデジタル化の重要性は年々増しており、エンジニアの採用や育成のニーズは企業にとって重要な課題です。

顧客企業にとって重要度が高い商材となるため、マクロ的に見れば営業も比較的しやすいといえるでしょう。

4つ目の理由は、今後の人材ニーズを的確に把握出来るからです。

顧客のニーズに的確に応える良い提案をするためには、高い解像度で顧客のビジネスを理解することが求められます。

その上で必要な人材を定義し、解決策として研修や採用を提案します。

法人営業は複数の顧客を担当するのが普通なので、仕事を通じ世の中で求められているエンジニアを的確に把握することが出来ます。

企業と直接話し、採用や育成したい人材のニーズを最前線で把握出来るのは有益です。

自身で起業したい方、新規事業をやりたい方にとっても良い環境といえるでしょう。

▶教育業界での転職を成功させるには?会社選びから面接対策まで完全ガイド

Youtubeでも教育業界とキャリアに関する情報を発信しています

ぜひチャンネル登録お願いします。

▶教員免許を活かせる仕事に転職!どんな求人がある?

プログラミングスクールへの転職でEducation Careerを活用する4つのメリット

弊社は教育業界専門の転職サイト・転職エージェント「Education Career」を運営しています。

ここでは、転職活動において弊社を活用頂くメリットをご紹介します。

①独自の求人やテーマに合わせた求人を紹介可能

教育業界専門の転職エージェントだから、他のエージェントでは積極的に紹介されないような求人(教材制作/学校営業/スクール運営/各種企画職)もご案内いたします。

  • EdTech(教育×テクノロジー)
  • STEAM教育
  • グローバル人材育成
  • 社会人教育

などの関心領域に合わせてご提示することも可能です。

②面談を通した、個人にとってよりよいキャリアを提案

弊社では、弊社オフィスにお越しいただくか、電話/ビデオ通話等での面談を必須としています。

面談を通じて、

  • 教材作成や企画にチャレンジしたい
  • 年収をあげたい
  • 土日休みの仕事がしたい
  • 夜遅い勤務を日中勤務にしたい

といった要望、条件を伺った上で、よりよいキャリアの選択肢を提示するためです。

※ご紹介可能な求人はご経歴や、タイミング・時期によって変動いたします。状況によっては転職をおすすめしないこともあります。

③豊富な実績を元に、書類作成、選考対策をサポートします

  • 学校の先生/教員
  • 学習塾の講師や教室長
  • 各種の教材制作/編集
  • 教育関連業種での営業
  • ITエンジニア
  • 異業界から教育業界への転身

などなど多くの方々の教育業界での転職を支援しております。

出身の職種特有の書類の作成や面接対策も行っています。

教育関連の企業に興味はあるが、知識や経験がなくどのようにするべきかわからないという方は、弊社にご相談頂ければコツやポイントをお伝えします

④利用は無料!相談=転職ではなく、中長期的なキャリア相談も可能

弊社のご利用は全て無料です。

また、転職相談・面談を行ったからといって、求人に応募しなければいけないわけではありません

ご要望やタイミングに合わせて、転職活動の開始時期等もアドバイスさせて頂き、支援いたします。

今すぐではないが、今後考えているという方のキャリア相談も歓迎しておりますので、お気軽にご相談ください。

早期の活動開始と事前準備が転職成功のカギ!お早めに相談ください

ご自身が納得され、条件的にも満足出来るような転職活動を行うには、

  • 情報収集
  • 選考の対策

が欠かせません。

ただ弊社の感覚値、90%以上の方の準備が不足しています。

準備を行えば採用につながる可能性がある場合でも、準備不足によりお見送りになってしまうケースがあります。

転職エージェントを活用頂ければ、本人では気づきづらい、もったいないミスも避けることが出来ます。

特に弊社は、教育業界における実績が多数ございますので、業界特有、個別の企業に対する対策を行えます。

ただ、高い品質での面談を行うため、面談数は限定で行っています。

面談ご希望の方は、出来るだけお早めに以下のフォームよりご相談ください。

関連キーワード

エージェントに 無料転職相談する
中途採用支援の依頼をする
教育業界の非公開求人が多数 転職エージェントに相談する