• /
  • コラム/
  • 就労支援とは?就労支援を行なっている企業・団体にはどんなところがある?

2018-08-09

就労支援とは?就労支援を行なっている企業・団体にはどんなところがある?

この記事では就労支援についてまとめています。就労支援の種類や、就労支援を事業として行っている団体・企業をまとめています。

就労支援とは

就労支援とは、個人の状況に応じて就労を実現する援助をすることです。

支援対象者の就労後の長期的な展望を持って支援を行い、日常・社会生活、経済的自立を促します。支援対象者の現状・感情を理解し、自己選択・決定の重要性を理解してもらうことが重要です。

就労支援の種類

継続型

A型

通常の事業所に雇用されることが困難な者に対し、通所によって、雇用契約に基づき就労・生産活動の機会を提供すると同時に、就労に必要な知識・技術を身に着けるための訓練をし、一般就労への移行に向けて支援をすることです。

B型

就労や生産活動の提供をすること、就労に必要な知識・技術を身に着けるための訓練をすることはA型と同様です。

異なる点は、A型が雇用契約を結ぶのに対し、B型は雇用契約を結びません。雇用契約に基づいた就労も困難な方への支援をし、A型・一般就労への移行に向けて支援を行います。

移行支援型

事業所内や企業での作業、個人の特性にあった職場探し、個別の支援計画作成を行います。

原則として通所でのサービス提供ですが、個人の進捗状況に応じて、職場訪問等による実習も組み合わせて行われます。

就労支援を行う企業・団体は

aloha

alohaは『knowbe』というシステムを導入して事業展開をしています。

knowbeとは、就労系障害福祉サービスに通所する利用者が、施設に通いながら学ぶことができる『就労支援オンライン学習プログラム』です。

「将来就労したいが、就労に向けて何をしたらいいか分からない」という声と、「就労に向けたサポートをしたいけど、ノウハウが少ない。時間が割けていない。」という事業者、双方の課題を解決するために生まれました。

knowbeの特長は、一人ひとりのペースに合わせて学べる、利用者・職員の双方に進捗が分かりフィードバックが生まれる機能があることです。

そのため、利用者は通所しながら無理なく継続的に学べ、少しずつ成功体験を重ねることで自信がつき、活動意欲が生まれることが望めます。また、導入施設においては職員の負担が減り本来の支援業務に注力しながら、利用者の就労・通所意欲を高めることにつながります。

ウェルビー

  • ビジネススキルの習得サポート
  • 生活トータルサポート
  • 就職活動サポート
  • 就職後のサポート

ウェルビーの就労移行支援サービスは、上記の4種類を提供しています。

通常のオフィスを再現したセンターにて実習を行い、ビジネススキルを身につけるサポートを行っています。

また、利用するにあたって、担当職員が専任でつき、利用者の体調やスキルに合わせた個別支援計画を作成します。

就職活動サポートでは、面接の練習や履歴書等の書き方などが学べます。就職が決まった後も長く仕事が続けられるように、スタッフが企業と障害のある方の間に立って、企業・就職者双方の不安解消に努めます。

また、ウェルビーでは習慣力、就職力、実践力の三つの力を身に着けることを理念とし、就職者数を毎年伸ばし、高い定着率を誇っています。

ホープワールドワイド・ジャパン

ホープワールドワイド・ジャパンは、1999年6月に東京都から特定非営利活動法人(NPO)として認められたボランティア活動団体です。

NPO法人日本園芸療法士協会との共同運営で、渋谷にホープ就労支援センターを開設しました。

2013年に渋谷区唯一の就労支援A型の施設として開設に至り、2016年には、B型の事業所も開設しています。

「働く人が幸せ、お客様が幸せ、社会が幸せ」を施設の理念としています。

渋谷まる福(A型事業所)では、手作りのパンや焼き菓子の製造・販売を、アトリエ福花(B型事業所)では、縫製作業やアート作品の制作などを行っています。

えがおワークス

えがおワークスは、東京都港区浜松町にあるA型事業所です。

本事業所の仕事内容は企業からのニーズが高いパソコン業務がメインとなっています。

一方で、パソコンが苦手な人、人とのコミュニケーションが苦手な人など、個性に応じて対応できるよう他の仕事も用意されています。

パソコン業務では、インターネットで営業先を探したり、メールのやり取り、見積作成、顧客管理などがあります。パソコンを使用しない仕事としては、電話対応や商品サンプルの郵送、清掃業務などがあります。

チャレンジドジャパン

チャレンジドジャパンは、就労支援センター「ひゅーまにあ」を運営しています。

ひゅーまにあでは、「自分を知る」「自分を伸ばす」「環境を理解する」の3つを軸に運営されています。

職業訓練や就労準備セミナーや職場見学など、一般的な支援事業が行われています。一方で、特徴的な取り組み例としては、マインドマップを利用して自分の思考を整理したり、オフィスヨガや園芸プログラムを利用してストレス解消を促したりしています。

関連キーワード

エージェントに 無料転職相談する