• /
  • コラム/
  • 【2021年最新版】教育業界の平均年収ランキング!1位はベネッセホールディングス

2021-08-19

【2021年最新版】教育業界の平均年収ランキング!1位はベネッセホールディングス

この記事は、教育業界の上場企業の平均年収をランキングでまとめています。

データは上場企業のみで様々な職種がまとめて算出されているので、一概にどの企業だから年収が高いと言えるわけではありませんが、1つの目安にすることはできます。

  • 教育業界への転職を検討している
  • 教育業界について研究している
  • 教育業界の年収の高い企業を知りたい

といった方は、ぜひご覧ください。

※平均年収、平均年齢は2021年8月時点での最新のデータを使用しています。

▶教育業界の年収の高い仕事について解説

教育業界の上場企業46社の平均年収ランキング

順位 企業名 平均年収(万円) 平均年齢(歳)
1 ベネッセホールディングス 934 43.1
2 学研ホールディングス 906 48.2
3 edulab 851 43.0
4 ナガセ 751 37.2
5 内田洋行 728 42.9
6 ODK 686 41.2
7 ロゼッタ 679 38.0
8 山田コンサルティンググループ 803 36.5
9 チエル 670 38.7
10 レアジョブ 662 35.9
11 ウィルソンラーニングワールドワイド 656 46.8
12 リソー教育 655 40.7
13 アルー 637 35.7
14 ウチダエスコ 621 43.1
15 文溪堂 594 41.8
16 ステップ 584 37.5
17 ビジネス・ブレークスルー 577 38.9
18 アイスタディ 574 44.4
19 ヒューマンホールディングス 559 44.2
20 すららネット 531 35.8
21 ウィザス 520 40.5
22 朝日ネット 518 38.8
23 早稲田アカデミー 513 37.9
24 TAC 508 43.0
25 東京個別指導学院 501 35.7
26 明光ネットワークジャパン 491 36.7
27 イトクロ 488 32.1
28 LITALICO 486 30.6
29 幼児活動研究会 486 33.6
30 翻訳センター 485 38.4
31 JPホールディングス 484 42.5
32 学究社 482 38.1
33 インソース 479 31.7
34 進学会 477 50.7
35 城南進学研究社 476 38.4
36 京進 473 37.1
37 スプリックス 472 30.1
38 ジェイエスエス 452 39.0
39 秀英予備校 443 34.8
40 438 42.1
41 成学社 427 37.8
42 市進ホールディングス 421 41.8
43 ニチイ学館 394 42.5
44 ウェルビー 394 37.4
45 クリップコーポレーション 393 37.3
46 エス・サイエンス 384 63.0

1位のベネッセホールディングスや2位の学研ホールディングスの平均年収は900万円を超えています。

これはホールディングスに所属している社員の平均年収なので、各事業会社に所属している社員の平均年収はこれより低いと予想できます。

ホールディングスに在籍している社員は管理部門などの比較的高年収であることも予想されるため、あまり参考にはならないと思ってよいかもしれません。

一例を示すとベネッセホールディングスは平均年収934万円ですが、同じベネッセグループで傘下の東京個別指導学院の平均年収は501万円となっています。

また、平均年収を見る際に重要なのが平均年齢です。

平均年齢が高く平均年収が高いより、平均年齢が低く平均年収が高い方が実質的な給与はよいといえるでしょう。

10位のレアジョブの平均年齢は35.9歳と上位10社の中で最も低く、平均年収は662万円です。

28位のLITALICO(30.6歳)や、27位のイトクロ(32.1歳)は、10位以内の企業の平均年齢がほとんど30代中盤以降であることを考えると、平均年齢の若い企業であると言えます。

転職活動時に、転職後の年収が気になる方は多いでしょう。

どの企業に行くかという観点も非常に影響は大きいですが、それ以上にどういった職種のどういったポジションで入社するのかということが大きく影響します。

ご経験が生きるポジションであれば年収が上がることも多いでしょうし、未経験であれば初年度はダウン提示になることも多いかと思います。

弊社の転職支援では年収の交渉なども行っております。まずはご希望の条件などをお気軽にご相談頂ければと思います。

▶教員免許を活かせる仕事にはどんな求人がある?成功の秘訣を解説

▶教育業界での転職を成功させるには?会社選びから面接対策まで完全ガイド

教育業界への転職でEducation Careerを活用する4つのメリット

弊社は教育業界専門の転職サイト・転職エージェント「Education Career」を運営しています。

その中で多くの教員・教師・先生の方の転職も支援してきました。ここでは、転職活動において弊社を活用頂くメリットをご紹介します。

①独自の求人やテーマに合わせた求人を紹介可能

教育業界専門の転職エージェントだから、他のエージェントでは積極的に紹介されないような求人(教材制作/学校営業/スクール運営/各種企画職)もご案内いたします。

  • EdTech(教育×テクノロジー)
  • STEAM教育
  • グローバル人材育成
  • 社会人教育

などの関心領域に合わせてご提示することも可能です。

②面談を通した、個人にとってよりよいキャリアを提案

弊社では、弊社オフィスにお越しいただくか、電話/ビデオ通話等での面談を必須としています。

面談を通じて、

  • 教材作成や企画にチャレンジしたい
  • 年収をあげたい
  • 土日休みの仕事がしたい
  • 夜遅い勤務を日中勤務にしたい

といった要望、条件を伺った上で、よりよいキャリアの選択肢を提示するためです。

※ご紹介可能な求人はご経歴や、タイミング・時期によって変動いたします。状況によっては転職をおすすめしないこともあります。

③豊富な実績を元に、書類作成、選考対策をサポートします

  • 学校の先生/教員
  • 学習塾の講師や教室長
  • 各種の教材制作/編集
  • 教育関連業種での営業
  • ITエンジニア
  • 異業界から教育業界への転身

などなど多くの方々の教育業界での転職を支援しております。

出身の職種特有の書類の作成や面接対策も行っています。

教育関連の企業に興味はあるが、知識や経験がなくどのようにするべきかわからないという方は、弊社にご相談頂ければコツやポイントをお伝えします

④利用は無料!相談=転職ではなく、中長期的なキャリア相談も可能

弊社のご利用は全て無料です。

また、転職相談・面談を行ったからといって、求人に応募しなければいけないわけではありません

ご要望やタイミングに合わせて、転職活動の開始時期等もアドバイスさせて頂き、支援いたします。

今すぐではないが、今後考えているという方のキャリア相談も歓迎しておりますので、お気軽にご相談ください。

早期の活動開始と事前準備が転職成功のカギ!お早めに相談ください

ご自身が納得され、条件的にも満足出来るような転職活動を行うには、

  • 情報収集
  • 選考の対策

が欠かせません。

ただ弊社の感覚値、90%以上の方の準備が不足しています。

準備を行えば採用につながる可能性がある場合でも、準備不足によりお見送りになってしまうケースがあります。

転職エージェントを活用頂ければ、本人では気づきづらい、もったいないミスも避けることが出来ます。

特に弊社は、教育業界における実績が多数ございますので、業界特有、個別の企業に対する対策を行えます。

ただ、高い品質での面談を行うため、面談数は限定で行っています。

面談ご希望の方は、出来るだけお早めに以下のフォームよりご相談ください。

You Tubeチャンネルを開設しています!ぜひチャンネル登録をお願いします

関連キーワード

エージェントに 無料転職相談する
中途採用支援の依頼をする
教育業界の非公開求人が多数 転職エージェントに相談する