• /
  • コラム/
  • 社会教育士は、講習か大学の養成課程で取得できる 社会人にもおすすめ

2021-04-28

社会教育士は、講習か大学の養成課程で取得できる 社会人にもおすすめ

「社会教育士」が令和2年度(2020年度)に新しく創設されました。

社会教育主事制度の変更に伴うもので、学びを通じて地域づくりへ貢献する専門人材の育成を目的としており、大学の養成課程での科目履修や、社会人向けの講習を受けることで取得できます。

社会教育士は誰でもなれる?

社会教育士になるには、

  • 社会教育主事講習を受講する
  • 大学か短大で社会教育主事養成課程を履修する

のいずれかが必要です。

社会教育主事講習受講には「大学・短大等を卒業」などいくつか要件があるものの、講習を修了すれば社会教育士と名乗れるようになるため、比較的誰でも取得しやすいといえます。

また、過去に社会教育主事の講習を終えている人は2科目の追加講習だけで済むため、よりスムーズに取得できるでしょう。

▶社会教育士はどんな資格?仕事内容・社会教育主事との違い

社会教育士の取得方法は2つ

社会教育士の取得方法は主に2つです。

  1. 社会教育主事講習を受講
  2. 大学か短大で社会教育主事養成課程を履修

具体的には、文部科学省から委託を受けた実施機関が行う社会教育主事講習(通常1か月程度)を修了する、または大学が行う養成課程(通常4年間のカリキュラム)で必要単位を修得することになります。

社会教育士取得へのステップ

社会教育士取得へのステップ(画像出典:文部科学省プレスリリース)

1.社会教育主事講習を受講

一つめの方法は、社会教育主事講習を受けることです。基本的に受講料は無料。

社会人や、授業だけでは必要単位をまかなえない学生におすすめです。

社会人は4科目の講習で取得できる

社会教育士になるために必要な社会教育主事講習の科目は、次のとおり、4科目8単位が定められています。

生涯学習概論 2単位 生涯学習及び社会教育の本質について理解を図る
生涯学習支援論 2単位 学習者の多様な特性に応じた学習支援に関する知識及び技能の習得を図る
社会教育経営論 2単位 多様な主体と連携・協働を図りながら、学習成果を地域課題解決や地域学校協働活動等につなげていくための知識及び技能の習得を図る
社会教育演習 2単位  社会教育主事の職務を遂行するために必要な資質及び能力の総合的かつ実践的な定着を図る

受講の要件

社会教育主事講習を受講するためには次のような要件が定められています。

  • 大学・短大等を卒業
  • 教員免許を所有
  • 社会教育関係の職に2年以上従事
  • 学校に4年以上勤務

さらに社会教育主事講習等規程では、「その他文部科学大臣が前各号に掲げる者と同等以上の資格を有すると認めた者」にも資格があるとしています。

ただし、社会教育主事講習受講にあたっては、居住地の都道府県教育委員会の推薦が必要とされています。

受講手続きも自治体によって異なるため、受講資格有無も含めて、文部科学省が公開している「担当課一覧」へ問い合わせてください。

講習場所・期間が限られているので注意

社会教育主事講習の実施機関は地域の公立大学なのですが、数が少ないため注意が必要です。

また時期は7〜8月と1〜2月に集中しています。年に何度もチャレンジできるわけではないので、機会を逃さないよう手続きを行いましょう。

なお、令和3年度(2021年度)の講習実施機関とスケジュールは未定。上半期に確定次第更新されるとのこと。

参考までに令和2年度の実施機関と時期は次のとおりでした。

実施機関 期間(2020年度) 定員(人)
北海道立生涯学習推進センター 6月24日~9月20日
1月4日~1月31日
46
24
茨城大学 新型コロナウイルス感染症の影響により中止
福井大学 7月24日~9月22日 62
岐阜大学 7月24日~8月21日 30
島根大学 7月23日~1月24日 30
広島大学 新型コロナウイルス感染症の影響により中止
愛媛大学 8月3日~8月28日 30 30
社会教育実践研究センター 7月27日~8月24日
1月21日~2月18日
50
50

2.大学・短大で社会教育主事養成課程を履修

社会教育士になる方法の2つ目は、大学または短大の授業を受けて取得する方法です。これから進学する高校生などはこの方法がもっともスムーズです。

学生は大学の履修科目で取得できる

大学在学中でも、今後の履修科目選択次第で実現できる可能性があります。教員養成課程の人はすでに必要単位を取得しているかもしれません。大学で確認してみるとよいでしょう。

また、社会人と同じように講習を受ける方法でも取得できます。

社会教育主事養成課程を開設している大学

社会教育主事養成課程は、107の4年制大学と、1の短大で開設されています(2020年4月1日時点)。

国立大学(28校)

北海道大学、東北大学 、宮城教育大学、秋田大学、山形大学、福島大学、筑波大学、宇都宮大学、群馬大学、東京大学、東京学芸大学、山梨大学、岐阜大学、静岡大学、名古屋大学、愛知教育大学、滋賀大学、京都大学、大阪教育大学、 神戸大学、奈良教育大学、和歌山大学、鳥取大学、島根大学、広島大学、高知大学、熊本大学、鹿児島大学

公立大学(6校)

高崎経済大学、東京都立大学、都留文科大学 、京都府立大学、大阪府立大学、北九州市立大学

私立大学(73校)

札幌学院大学、札幌国際大学、北星学園大学 北海学園大学、北翔大学 弘前学院大学、石巻専修大学、仙台大学、仙台白百合女子大学、東北学院大学、東北福祉大学、東北芸術工科大学、茨城キリスト教大学、常磐大学、東京福祉大学(※)、聖学院大学、文教大学、聖徳大学、帝京平成大学(※)、青山学院大学、亜細亜大学、国士舘大学、駒澤大学、創価大学(※)、大東文化大学、玉川大学(※)、中央大学、帝京大学、東海大学、東京家政大学、東洋大学、日本大学、日本女子大学、日本体育大学、法政大学(※)、明治大学、明治学院大学、立教大学、立正大学、和光大学、早稲田大学、神奈川大学、松蔭大学、田園調布学園大学、身延山大学、山梨学院大学、松本大学、常葉大学、愛知大学、愛知学院大学、中京大学 、大谷大学、京都女子大学、京都橘大学、佛教大学(※)、龍谷大学、大阪樟蔭女子大学、大阪大谷大学、追手門学院大学、 関西大学、帝塚山学院大学、天理大学、就実大学、ノートルダム清心女子大学、広島国際大学、広島修道大学、広島女学院大学、徳島文理大学、九州共立大学、九州産業大学、福岡大学 、尚絅学院大学、八洲学園大学(※)

(※)は通信課程設置大学

短期大学(1校)

帯広大谷短期大学

令和2年度以前に修了した人は新2科目のみ受講でOK

すでに養成過程を修了した人向けの講習も用意されています。

対象は、令和2年度(2020年度)より前、つまり令和元年度(2019年度)以前に社会教育主事講習または養成課程を修了した人です。

社会教育士創設にあたり設定された新2科目「生涯学習支援論」「社会教育経営論」を受講すれば、社会教育士になれます。

ただし実施機関が非常に少ないため注意が必要です。

令和3年度の機関、日程はまだ公表されていませんが、令和2年度は全国でも4か所(北海道、福井県、愛媛県、香川県)だけでした。

また受講にあたっては、新規講習受講と同じく、居住都道府県教育委員会の推薦が必要です。

詳細は文部科学省が公開している「担当課一覧」へ問い合わせてください。

社会教育士取得がおすすめな人

社会教育士はこんな人におすすめ

社会教育士はこんな人におすすめ(画像出典:文部科学省プレスリリース)

文部科学省は、次のような人に社会教育士になることをおすすめしています。

  • 行政職員
  • NPOに所属する人
  • 企業(特にCSR担当者)
  • 学校の教職員

より具体的には次のようなポイントがあります。文部科学省が社会教育士特設サイトで説明している内容を抜粋して紹介します。

行政職員

どの部署の職員にとっても必要な地域のニーズに寄り添い、地域住民と協働していくための専門的スキルが身につきます。つまり、全ての行政職員におすすめです!

NPOに所属する人

地域づくりや地域の課題解決に取り組む方には欠かせない、行政や住民等との連携・協働をスムーズにする「学び」のスキル・ノウハウが体系的に身につきます。

企業

企業が地域とともに持続的に発展していけるよう、地域の課題解決やSDGsの推進にも積極的に関わっていきたいという方、特に企業のCSR担当の方におすすめです。

学校の教職員

子供の主体的・対話的で、探究的な学びの場や、社会に開かれた学校づくりを進めていくために、地域の人と連携したいと思っている方におすすめです。

社会教育士は講習だけで取得できる

これまで社会教育主事の発令を受け活動してきた人は、福祉や防災、観光、まちづくりなど、さまざまな領域のリーダーとして活躍しています。

地域課題が複雑化、多様化する中で、より多様な専門性を持つファシリテーターの地域参加が求められている背景を受けて、社会教育士制度ができたのです。

社会教育士には地域活動をリードする「コーディネート力」や「ファシリテーション力」が求められています。

仕事を通じてこれらのスキルを身につけてきた人もいるでしょう。

社会教育士は、講習を受講し修了するだけで名乗れるようになります。

地域に関わる活動を行なっている、または関わる予定のある人は、取得するメリットがあると考えられます。

関連キーワード

エージェントに 無料転職相談する
中途採用支援の依頼をする
教育業界の非公開求人が多数 転職エージェントに相談する