• /
  • コラム/
  • 貧困問題の解決に向けて、MOOCに取り組むベンチャーキャピタル ACUMEN(アキュメン)とは

2016-05-18 2018-12-27

貧困問題の解決に向けて、MOOCに取り組むベンチャーキャピタル ACUMEN(アキュメン)とは

資本主義の仕組みを活用して貧困の解決に取り組むNPO法人ACUMEN(アキュメン)が提供するMOOCを紹介したいと思います。

貧困問題の解決に取り組むACUMEN(アキュメン)とは?

http://acumen.org/

ACUMEN(アキュメン)は、2001年にジャクリーン・ノヴォグラッツ氏が設立した非営利のベンチャーキャピタルです。2010年に出版されたブルー・セーター――引き裂かれた世界をつなぐ起業家たちの物語
という本で知っている方も多いかもしれません。

アキュメンは「事業・リーダー・思想の普及への投資を通じて貧困問題への取り組みを変える」というミッションを掲げ、寄付金をベースとした「忍耐強い資本(Patient Capital)」の社会的企業への投資に取り組んでいる多国籍NPO法人です。具体的には東・西アフリカ諸国、パキスタン、インド、ラテンアメリカ諸国、アメリカ合衆国において、貧困問題の解決を図る革新的なビジネスに対して、投資と投資後のビジネスサポートを行っています。

2000年代半ば以降は、資金の投資だけではなく、グローバルベース、投資先地域(パキスタン、インド、東アフリカ)でそれぞれ「アキュメン・フェロー・プログラム」というリーダー育成プログラムを展開し、また、「社会をより良いものに変えていくこと」に意欲的な個人向けに無料でオンライン上で展開されている「+アキュメン(読み方は『プラスアキュメン』)オンラインコース」など、人材育成に関する様々な先進的な取り組みを行っています。

貧困解決に取り組むベンチャーキャピタルがMOOCを提供するようになった過程

アキュメンはなぜMOOCを提供することにしたのでしょうか?これは、アキュメンが、ベンチャーキャピタルとして革新的なビジネスに投資することを続けてきた過程で(昨今では「インパクト投資ファンド」として呼ばれることも増えています)人財育成なしでは貧困解決の取り組みを世界規模で加速することは難しいと気付いたからです。

貧困問題の解決策となり得る革新的な事業を始めよう・大きくしよう、と考え行動する個人、そのような大きなミッションを抱えた組織で働こうとする個人、革新的な取り組みを進めている組織と連携してもっと大きな動きにしていこうと考え始める大企業や公的機関や投資業界・金融機関の中でリーダーシップを発揮できる人たち・・貧困問題という、複雑で長期的な課題の解決にはセクター、世代、国を超えた、たくさんの人財の存在と、その人たちにとって有益となる(または考え方を広げるきっかけとなる)ツール・知識・ネットワークを共有することが自分達のミッション達成のために不可欠だと考えるようになったからです。

 

2012年末にボランティア達を中心とした試験版を実施したのち、「+Acumenオンラインコース」は2013年に正式に展開が始まりました。

昨年末に発行した記事にその経緯が書かれていますが、現在アキュメンの提供するMOOCは170か国以上、合計20万以上もの参加者がおり、ソーシャル分野において世界最大規模となっています。受講者はビジネスプロフェッショナル、政府の役人、NGO/NPOや財団の関係者、教員、学生など多岐に渡っており、かれらがアキュメンの提供するコースで学び、自分の所属する組織におけるイノベーションを前に進めていったり、自ら事業を立ち上げたり、貧困問題にとどまらない、様々な社会的課題に取り組む仲間を増やしたり、取り組みを大きくしたり、と様々な形でコースの中身を利活用してくれています。(参考:具体的な受講生の事例「5 Students Who Inspired Us in 2015」

 

ACUMEN(アキュメン)のMOOCの特徴

従来のMOOCのコースは、コンピューターサイエンスや数学などいわゆるテクニカルスキルを学ぶものが多く提供されています。

しかし、アキュメンが取り組んでいるものは社会変革やリーダーシップなど、ソフトスキルに特化したものも含まれているのが特徴です。また、他セクターで有益とされているスキルで、従来貧困解決に取り組んでいる人達が得るきっかけが少なかったものも、展開されているコース内に含まれています(例:デザイン思考であったり、リーンスタートアップの手法を応用したもの)

もともとオンラインコースの展開よりも早い時期から実施されていたフェロープログラムの手法をベースにしているので、MOOCとしての教育手法もユニークです。

  • 少人数のグループ(対面・オンライン両方可能)での受講を推奨、コース設計にもそれが反映されている。学習者同士で学ぶ環境の実現。
  • アクションラーニング(プロジェクト)型のコースであり、学習者は実際にプロジェクトに取り組むことで現場への応用の手法を学んでもらう。
  • 実際に「社会をより良くすること」に既に取り組んでいる人や、これから取り組もうとしている人がターゲット層となっており、受講者層はほとんどが社会人経験がある人が多い。受講生一人一人がコースに持ち寄る経験や思いなどを引き出すためのリフレクションの要素がコースに織り込まれている
  • ターゲット層にとって有益だと思われるコンテンツ開発には積極的にその分野の「プロ」とのコラボレーションをしている。例えばデザイン思考のコースの場合はIDEO.org社と、Adaptive Leadershipというハーバードケネディスクールでも教えられているリーダーシップのコンテンツはその分野での専門家であるCambridge Leadership Associateと、ネットワーキングについてはCenter of Creative Leadership社、など。

これらの教育手法によって、アキュメンは社会変革に必要な能力やリーダーシップ開発の機会を世界に広く共有しています。

 

ACUMEN(アキュメン)のMOOCはどのようなコースがあるのか

acumen

http://acumen.org/leadership/

ちなみに、これらのオンラインコースは、アキュメンのリーダーシップモデルである「Moral Imagination」「Financial Skills」「Operational Skills」をもとに作成されています。

今後も新規コースの開発は続いていくようですが、2016年3月時点で展開されている無料コースは以下の通りです。ビデオや教材等は英語になります。日本人同士でグループ形成する場合はディスカッションは各自日本語で実施可能です。詳細は+Acumenオンラインコースのホームページを参照ください。

現在のコース一覧

Moral Imagination:

Operational Skills

 

Financial Skills:

4月26日からは、IDEO.orgとの共同プログラムである「Design Kit: The Course For Human-Centered Design」というコースが始まります。 また、新しい領域のコースも順次開講されています。

日本からグループ登録し、英語の訓練も兼ねて受講している人も増えています。また、プラットフォーム上で他の国の受講生とバーチャルグループを作って受講することもできるアキュメンのコース。興味を持ったテーマのコースを今年チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

https://medium.com/acumen-ideas

教育業界への転職ならEducation Careerにご相談下さい

弊社(株式会社ファンオブライフ)は、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営しています。

また、教育×テクノロジーをテーマにしたWebメディア「EdTech Media」を運営しており、教育分野の様々な企業(大企業・優良ベンチャー/スタートアップ)と独自のネットワークを有しています。

教育業界への転職や、教育業界出身者の転職を検討されている方は、是非ご相談ください。

教育業界専門の転職エージェントだから、独自の求人を紹介可能

業界専門の転職エージェントだから、大手エージェントでは積極的にご紹介しないような求人(教材制作/学校営業/スクール運営/各種企画職)もご案内が可能です。

教育×IT、STEAM教育、グローバル人材育成、英語学習、社会人教育などの、ご興味・ご関心に合わせることも可能です。

また、今までの経験・スキルを活かした仕事や、条件面(給与・休日など)の向上が望めるような仕事をご希望の場合は、条件に合う求人をご紹介いたします。

※ご紹介可能な求人はご経歴や、タイミング・時期によって変動いたします。

利用は無料!履歴書や職務経歴書の作成、面接対策もサポートします

転職エージェントの利用は無料です。

履歴書や職務経歴書の作成サポート、面接対策も行いますので、転職が初めてという方、不慣れだという方も安心してご利用下さい。

教員や学習塾、各種スクール等の出身者の転職実績も豊富です

Education Careerでは、教育業界出身者の方の転職を多く支援しています。

学校の先生・教員、学習塾の講師や教室長、各種教材制作、学校営業の方々の転職を多く支援しております。

職種特有の面接・選考対策も可能です。

相談=転職ではありません。まずはお気軽にご相談ください

弊社に転職相談を行ったからといって、求人に応募しなければいけないわけではありません。

ご要望やタイミングに合わせて、転職活動の開始時期等もアドバイスさせて頂き、支援いたしますので、まずはお気軽に以下のフォームよりご相談ください。

関連キーワード

エージェントに 無料転職相談する
中途採用支援の依頼をする
教育業界の非公開求人が多数 転職エージェントに相談する