• /
  • コラム/
  • 教育/EdTech分野の資金調達・M&A・上場データまとめ【2019年版/国内】

2020-01-16

教育/EdTech分野の資金調達・M&A・上場データまとめ【2019年版/国内】

この記事では、教育×IT(EdTech)分野のベンチャーやスタートアップの資金調達の情報やM&Aの2019年の情報をまとめています。

EdTech・教育業界の資金調達/M&Aデータに関して

この記事でまとめている資金調達やM&Aの情報は、各社のプレスリリース・IRで公開されているデータを基に作成しています。

プレスリリース等を行わず資金調達を行っている企業もありますが、そういったデータは含まれていません。

▶教育ベンチャー・スタートアップのまとめ!分類方法やM&A、資金調達状況も

EdTech(エドテック)とは何か?読み方は?注目される背景やeラーニングとの違いを解説

2019年の日本国内での資金調達一覧

2019年の日本国内で資金調達を行った、企業名・調達日(情報の公表日)・調達金額・出資元の情報を一覧にしています。

企業名 調達日
(公表日)
調達額 出資元
株式会社データミックス 1/28 7,560万円 株式会社インソース、イノベーション・エンジンPOC投資事業有限責任組合
株式会社noFRAME schools 1/31 NOW、小川淳、河崎純真、琴坂将広、坂本達夫、寺田龍二ほか個人投資家一名
株式会社NoSchool 2/18 数千万円 Samurai Incubate Fund 6号投資事業有限責任組合、および個人投資家
株式会社エナジード 4/8 4.4億円 WiL, LLC
株式会社GIG 4/18 約2億円 XTech Ventures株式会社
パロニム株式会社 4/18 約2.3億円 日本郵政キャピタル株式会社、株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ
atama plus株式会社 5/13 15億円 ジャフコ、DCMベンチャーズが運用するファンド
株式会社bookee 6/3 約2.5億円 株式会社三菱UFJイノベーション・パートナーズ、SV-FINTECH Fund、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、みずほキャピタル株式会社、株式会社iSGSインベストメントワークス
appArray株式会社 6/6 約3億円 ディップ株式会社、Reality Accelerator
株式会社bookee 7/12 1.2億円 リード・キャピタル・マネージメント株式会社とアリストテレスパートナーズ株式会社
株式会社NEXERA 8/29 複数の個人投資家
株式会社Libry 8/29 約3億円 株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ、株式会社みらい創造機構が運営する投資事業有限責任組合など
株式会社Schoo 9/18 KDDI Regional Initiatives Fund 1号
株式会社テックピット 9/26 3,000万円 F Venturesら
ユニファ株式会社 9/27 約35億円 国内外の新規投資家および既存株主
株式会社ウィズダムアカデミー 10/11 1億4,700万円 東京理科大学ベンチャーキャピタルファンド並びにキッズラーニングネットワーク株式会社が運用するファンド
Crimson Education 11/5 累計61.7億円 CTF (Chow Tai Fook) Education Group、Solborn Investment、K1W1
株式会社tyotto 11/12 1.1億円 株式会社明光ネットワークジャパン
ライフイズテック株式会社 11/15 累計約25億円 「インパクト投資」ファンド、第一生命保険株式会社、株式会社丸井グループ、山口キャピタル株式会社、加賀電子株式会社、株式会社小学館、株式会社アカツキなど
株式会社Hacksii 11/18 株式会社毎日みらい創造ラボ、及び個人投資家3名
株式会社Yoki 11/20 SFCフォーラム1号投資事業有限責任組合と株式会社チェンジ 代表取締役兼執行役員社長である福留 大士氏
株式会社SCHOL 11/28 NOW
株式会社プレースホルダ 11/29 約6億円 新規投資家および既存株主の4社
ボンド株式会社 11/29 株式会社明光ネットワークジャパン、PE&HR株式会社が運営するSocialEntrepreneur3投資事業有限責任組合
株式会社WizWe 12/17 1億円 MICイノベーション5号投資事業有限責任組合、NVCC8号投資事業有限責任組合、株式会社新生銀行、およびその他個人投資家
株式会社耳勉 12/25 株式会社毎日みらい創造ラボ

2019年に国内で資金調達を行ったEdTech・教育業界の企業の詳細

上記の表にした企業の概要、事業内容、資金調達の目的などをまとめています。

株式会社データミックス

2019年1月28日、株式会社データミックスは、株式会社インソース等を引受先とした総額7,560万円の資金調達を実施しました。

企業概要・事業内容

データミックスは、「データサイエンティスト育成コース」を中心にスクール展開している企業です。

統計学や機械学習、ディープラーニングなどを用いたデータ分析が行える人材の育成を行っています。

これまで300名以上にデータサイエンス関連の教育を提供しています。

目的

資金調達の目的を同社は、以下の5点を中心に強化することとしています。

  • データに基づいた、より学習効果の高いデータサイエンス教育カリキュラムとコンテンツの開発
  • スクール受講生を始めとする顧客へのサービスの質向上のための体制強化と環境の構築
  • データサイエンティスト育成プログラムを始めとする各種サービスの認知向上のための活動
  • データサイエンス人材に特化した人材紹介サービスの営業及び顧客サポートの強化
  • 人材の積極的な採用と社内の人材育成の強化

データミックスは、データサイエンスに関連するサービスを通して、独自のデータサイエンスに関するコミュニティを形成し、個人の成長と企業の競争力強化を見込んでいます。

引受先一覧

  • 株式会社インソース
  • イノベーション・エンジンPOC投資事業有限責任組合

株式会社noFRAME schools

2019年1月31日、株式会社noFRAME schoolsが第三者割当増資による資金調達を実施しました。

企業概要・事業内容

株式会社noFRAME schoolsは、インターネットを利用した多様な教育サービスを提供する企業です。

LINEを活用した学習コンシェルジュ、キャリアコンサルタントと相談したい人をつなぐサービスなどを開発しています。

目的

学習ログのシェアサービス「LADDER」や、チャット型コンシェルジュサービス「学習コンシェルジュ」、今後のサービス開発費用に割り当てるため。

引受先一覧

  • NOW
  • 小川淳
  • 河崎純真
  • 琴坂将広
  • 坂本達夫
  • 寺田龍二 ほか個人投資家一名

株式会社NoSchool

株式会社NoSchoolは、2019年2月18日、株式会社サムライインキュベートが運営するSamurai Incubate Fund 6号投資事業有限責任組合等を引受先とする、数千万円規模の第三者割当増資を実施しました。

企業概要・事業内容

株式会社NoSchoolは、中高生向け勉強Q&Aサイト「NoSchool」を運営・開発する企業です。

「NoSchool」は、無料で勉強に関する質問であれば何でもでき、家庭教師や塾講師として活躍している先生から回答を得ることができます。

目的

財務体制の強化や社内体制の拡張、サービス改善が資金調達の主な目的です。また、iOSアプリのリリースを見込んでいます。

引受先一覧

  • Samurai Incubate Fund 6号投資事業有限責任組合
  • 狩俣裕之
  • 久保光

株式会社エナジード

株式会社エナジードは、2019年4月8日、WiL, LLCを引受先とした4.4億円の第三者割当増資を実施したことを発表しました。

企業概要・事業内容

株式会社エナジードは、中学・高校生向け補助教材「次世代型キャリア教育ENAGEED」を展開する企業です。

目的

ENAGEEDの国内需要拡大に伴う人員確保、教材の質向上、教育現場でENAGEEDを活用している先生へのサポート強化等を目的とした資金調達です。

また、WiLと連携し、国内の学校・企業向けサービスの普及を計画しています。

株式会社GIG

株式会社GIG(ギグ)は、2019年4月18日、XTech Ventures株式会社を引受先とする約2億円の資金調達を実施しました。

企業概要・事業内容

株式会社GIGは、プロフェッショナルフリーランス向けスキルシェアサービス「Workship(ワークシップ)」を運営しています。

「Workship(ワークシップ)」は、デジタルクリエイターやエンジニアといった人材と企業をプロジェクト単位でマッチングするサービスです。

目的

調達目的は、Workshipのさらなる拡充とブランディングの強化、企業価値の向上等。

atama plus株式会社

atama plus株式会社は、2019年5月13日、株式会社ジャフコとDCMベンチャーズそれぞれが運用しているファンドを引受先とした、約15億円の資金調達を実施したことを発表しました。

企業概要・事業内容

atama plusは、AIを活用した中高生向けタブレット型教材「atama+」を塾や予備校に提供しています。

「atama+」は生徒の学習状況を「アタマ先生」というAIが分析し、専用レッスンを作成することで学習効率を向上させます。

目的

  1. 開発スピードの加速化
  2. 生徒一人ひとりの満足度を最大化するためのプロダクト強化
  3. 学習塾各社へのサポート体制の強化

株式会社bookee

株式会社bookee(ブーキー)は、2019年6月3日、株式会社三菱UFJイノベーション・パートナーズ等を引受先とする、約2.5億円の資金調達を実施したことを発表しました。

企業概要・事業内容

bookeeは、貯金・保険・住宅・資産運用等について、3か月で学習する金融教育サービスを提供しています。

学習者ごとにプログラムが作成され、オンライン在宅受講かスタジオ受講のいずれかで学習することができます。

目的

  1. 顧客満足度の最大化
  2. ブランディング強化
  3. FinTech参入

引受先一覧

  • 株式会社三菱UFJイノベーション・パートナーズ
  • SV-FINTECH Fund
  • SMBCベンチャーキャピタル株式会社
  • みずほキャピタル株式会社
  • 株式会社iSGSインベストメントワークス

appArray株式会社

appArray株式会社は、2019年6月4日、ディップ株式会社とReality Acceleratorを引受先とする約3億円の第三者割当増資を実施したことを発表しました。

企業概要・事業内容

appArrayは、AI英会話アプリ「スピークバディ」・オンライン英会話コーチングサービス「スパルタバディ」を開発・運営しています。

スピークバディは、AIキャラクターを会話相手として、実際の会話で頻出のフレーズを使用場面・目的とともに学べるサービスです。

スパルタバディは、本気で英語を習得したい方向けのオンライン完結型の英語コーチングサービスです。

目的

  1. スピークバディの新機能開発・コンテンツの拡充と新規ユーザー獲得
  2. スパルタバディのコーチ増員と導入企業・会員の拡大

株式会社bookee

株式会社bookeeは、2019年7月12日、キャピタル・マネージメント株式会社とアリストテレスパートナーズ株式会社等を引受人とする、約1.2億円の第三者割当増資を実施したことを発表しました。

企業概要・事業内容

bookeeは、貯金・保険・住宅・資産運用等について、3か月で学習する金融教育サービスを提供する企業です。

学習者ごとにプログラムが作成され、オンライン在宅受講かスタジオ受講のいずれかで学習することができます。

目的

  1. 顧客満足度の最大化
  2. ブランディング強化
  3. FinTech参入

引受先一覧

  • 株式会社三菱UFJイノベーション・パートナーズ
  • SV-FINTECH Fund
  • SMBCベンチャーキャピタル株式会社
  • みずほキャピタル株式会社
  • 株式会社iSGSインベストメントワークス
  • リード・キャピタル・マネージメント株式会社
  • アリストテレスパートナーズ株式会社

株式会社NEXERA

株式会社NEXERAは、2019年8月29日、複数の個人投資家を引受先とした第三者割当増資を実施したことを発表しました。

企業概要・事業内容

NEXERAは、経営視点のマーケティングを疑似体験できるビジネスボードゲーム「Marketing Town」を提供しています。

「Marketing Town」はプレイヤーが経営者となり、仮想の街で小売店を経営するゲームです。

市場環境やプレイヤー間での競合、財務状況などを意識しながら、より高い利益を目指します。

目的

「Marketing  Town」のマーケティング学習効果の向上とボードゲームのUI/UXデザイン改善のため

引受先一覧

  • 秋山勝(株式会社ベーシック代表取締役)
  • 菅原健一(株式会社Moonshot)
  • 前田高志(株式会社NASU代表取締役)

株式会社Libry

2019年8月29日、株式会社Libryは、グロービス・キャピタル・パートナーズ等を引受先とする、第三者割当増資などによる約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。

企業概要・事業内容

Libryは、中高生向けのデジタル問題集「Libry(リブリー)」の開発・提供を行っている企業です。

「Libry」は、既存の問題集・教科書などを電子化し、紙媒体ではできない機能を搭載したデジタル問題集です。

目的

  1. 人材採用の促進
  2. 提携出版社とサービス導入校の拡大
  3. プロダクトのアップデートに向けた取り組み強化

引受先一覧

  • 株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ
  • 株式会社みらい創造機構が運営する投資事業有限責任組合など

パロニム株式会社

パロニム株式会社は、2019年9月17日、日本郵政キャピタル株式会社と株式会社NTTドコモ・ベンチャーズを引受先とした、約2.3億円の第三者割当増資を実施したことを発表しました。

企業概要・事業内容

パロニム株式会社は、次世代動画テクノロジー「TIG/ティグ」の開発・提供を行っている企業です。

TIGは、動画内の商品や音楽・料理などに触れるだけで、その情報をすぐに得ることができます。

目的

日本郵政グループと株式会社NTTドコモとのパートナーシップ構築のため、資金調達を実施しました。

また、観光や教育、EC、シニアマーケットといった幅広い市場への拡大を目指しています。

株式会社Schoo

株式会社Schooは、2019年9月18日、KDDI Regional Initiatives Fund 1号を引受先とする第三者割当増資を実施したことを発表しました。

企業概要・事業内容

Schooは、大人がずっと学び続ける生放送コミュニティ「Schoo(スクー)」を運営しています。

学習ジャンルはビジネススキル・ITスキル・経済・ニュースなどと幅広く、毎日無料で授業を視聴できます。

目的

  1. 地域人材を育成する教育プログラムの提供
  2. 5Gを活用した遠隔教育プラットフォームの開発

株式会社テックピット

株式会社テックピットは、2019年9月26日、F Venturesらを引受先とする第三者割当増資により、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

企業概要・事業内容

テックピットは、CtoCのプログラミング学習プラットフォーム「Techpit」を運営している企業です。

「Techpit」はエンジニアがプログラミング学習者向けに学習コンテンツを作成し共有する、プログラミングスキルをシェアできるプラットフォームです。

目的

学習コンテンツの執筆者向けのプロダクト開発に注力するため

ユニファ株式会社

ユニファ株式会社は、2019年9月27日、株式会社INCJ等を引受先とする総額約35億円の資金調達を実施したことを発表しました。

企業概要・事業内容

ユニファは、IoTを活用した保育サービスを提供している企業です。

昼寝中の園児の体の傾きや体動の有無の検知、体温を瞬時に計測・記録ができるサービスなどがあります。

目的

既存プロダクトの改善や新規サービスの立ち上げのため

引受先一覧

  • 株式会社 INCJ
  • 第一生命保険株式会社
  • エムスリー株式会社
  • 日本郵政キャピタル株式会社
  • 株式会社リンクアンドモチベーション
  • SBI インベストメント株式会社
  • Aflac Ventures LLC.
  • 豊島株式会社
  • 三菱 UFJ キャピタル株式会社
  • 凸版印刷株式会社
  • 新生企業投資株式会社
  • SMBC ベンチャーキャピタル株式会社

株式会社ウィズダムアカデミー

株式会社ウィズダムアカデミーは、2019年10月11日、東京理科大学ベンチャーキャピタルファンドとキッズラーニングネットワーク株式会社が運用するファンドを引受先とした、総額1億4,700万円の第三者割当増資による資金調達を実施したことを発表しました。

企業概要・事業内容

ウィズダムアカデミーは、学童保育施設や幼稚園・保育園を東京・名古屋・福岡といった地域で展開している企業です。

ウィズダムアカデミーは2020年1月現在、直営校14校・提携校12校の合計26校があります。

目的

民間学童保育運営事業における、設備投資・システム投資・事業開発・人材拡充・企業体制の強化等のため

Crimson Education

Crimson Educationは、2019年11月5日、香港に拠点を置くCTF (Chow Tai Fook) Education Group等による21.6億円の資金調達を実施したことを発表しました。

企業概要・事業内容

Crimson Educationは、海外進学(アメリカ・イギリス・カナダ・ニュージーランド・オーストラリア)の支援を行う企業です。

海外進学に必要なTOEFLの勉強サポートや国際バカロレアの個別指導、課外活動のリーダーシップ支援などを行っています。

目的

  1. 日本を含むアジアでの事業拡大
  2. 2020年開校予定のグローバル人材育成を目的とした、オンラインハイスクールCrimson Global Academy の開校

引受先一覧

  • CTF Education Group(香港)
  • Solborn Investment(韓国)
  • K1W1(ニュージーランド)

株式会社tyotto

株式会社tyottoは、2019年11月12日、株式会社明光ネットワークジャパンから第三者割当増資による約1.1億円の資金調達を行ったことを発表しました。

企業概要・事業内容

tyottoは、コーチングを取り入れた対面指導を行う学習塾「tyotto塾」、学習アプリ「tyotto folio」の運営・開発等を行っています。

高校生がビジョンを描き自律することを目指し、社会を知るためのワークショップ「ProgressTime」も開催しています。

目的

  1. tyotto塾のFC展開に向けた法人営業の拡大
  2. 良質な教育を受ける機会を提供するためのアプリコンテンツ開発
  3. オウンドメディアの立ち上げ

ライフイズテック株式会社

ライフイズテック株式会社は、2019年11月15日、第一生命保険株式会社などを引受先とする第三者割当増資により、総額約15億円の資金調達を実施したことを発表しました。

企業概要・事業内容

ライフイズテックは、中高生向けのプログラミング教育事業を展開する企業です。

オンラインで学べる、ディズニーのプログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」がサービスの1つです。

この他に、地方自治体と連携し社会課題に取り組む「Tech for Local」や、起業家育成プログラム「Be Startup」、教員向けサービス「Tech for TEACHERS」などといった、多様な教育サービスを提供しています。

目的

  1. より多様な学びを多くの中高生に届けるためのキャンプやスクール事業の拡充
  2. 企業や地方自治体と連携した、社会課題解決に取り組む学習プログラムの企画運営
  3. 義務教育化が進む中学・高校における教職員を対象とした教材提供やトレーニング
  4. 北米やアジア、アフリカにおける指導人材の育成やプログラミング学習教材の提供

引受先一覧

  • 新生企業投資株式会社・一般財団法人社会変革推進財団(インパクト投資ファンド)
  • 第一生命保険株式会社
  • 株式会社丸井グループ
  • 株式会社小学館
  • 山口キャピタル株式会社
  • 伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社
  • 株式会社アカツキ
  • 加賀電子株式会社
  • 池森ベンチャーサポート合同会社
  • 米ペガサス・テック・ベンチャーズ
  • 本城 慎之介氏
  • 笠原 健治氏、その他個人投資家

株式会社Hacksii

株式会社Hacksiiは、2019年11月18日、株式会社毎日みらい創造ラボと個人投資家3名による資金調達を実施したことを発表しました。

企業概要・事業内容

Hacksii(ハックシー)は、3歳から始めるレシピのない料理教室「ハクシノレシピ」を運営する企業です。

「ハクシノレシピ」は、先生が自宅訪問で子供に料理を教える形式で、レッスン後には保護者にLINEでレポートが届きます。

目的

  1. プロダクトの拡充
  2. マーケティングの戦略の実行スピードの加速

引受先一覧

  • 株式会社毎日みらい創造ラボ
  • 高橋宏治(株式会社haiku 代表取締役)
  • 森一生(代官山綜合法律事務所 代表弁護士)
  • 戸村光(hackjpn,inc. CEO)

株式会社Yoki

株式会社Yokiは、2019年11月20日、SFCフォーラム1号投資事業有限責任組合らを引受先とする第三者割当増資による資金調達を実施したことを発表しました。

企業概要・事業内容

Yokiは、自宅で学べるモノづくり×プログラミング教室「LOGY(ロジー)」を展開しています。

LOGYは、オンラインで授業を行い、生徒一人一人に適したオリジナル授業を提供するサービスです。

目的

  1. LOGYのマーケティング施策の拡大
  2. 事業基盤の強化

引受先一覧

  • SFCフォーラム1号投資事業有限責任組合
  • 福留大士(株式会社チェンジ 代表取締役兼執行役員社長)

株式会社SCHOL

株式会社SCHOLは、2019年11月28日、NOWを引受先とする第三者割当増資により資金調達を実施したことを発表しました。

企業概要・事業内容

SCHOLは、ブロックチェーンとAIの技術で世界基準の奨学金を運営できる、クラウド型マネジメントプラットフォーム「SCHOL(スカラ)」を提供しています。

奨学金制度の設計、告知募集、選考管理、コミュニティづくりの支援などを行っています。

目的

  1. 「我々の働きで世の中を良くする新しい価値を生み出し続ける」というビジョン実現の推進
  2. テクノロジーの強化及び中長期的な人材強化の推進

株式会社プレースホルダ

株式会社プレースホルダは、2019年11月29日、新規投資家および既存株主の4社を引受先とした第三者割当増資を行い、合計約6億円の資金調達を実施したことを発表しました。

企業概要・事業内容

プレースホルダは、デジタル技術を活用した次世代型テーマパーク「リトルプラネット」の企画・開発を行っています。

リトルプラネットには砂遊びや紙相撲、影絵遊びといった遊びとデジタル技術を融合したアトラクションがあります。

目的

  1. アトラクションのクオリティ向上
  2. 設計・開発スピードの加速
  3. マーケティングの強化

引受先一覧

  • KDDI Open Innovation Fund 3号
  • 株式会社オー・エル・エム・ベンチャーズ
  • 株式会社東京放送ホールディングス
  • みずほキャピタル株式会社

ボンド株式会社

ボンド株式会社は、2019年11月29日、株式会社明光ネットワークジャパンとSocialEntrepreneur3投資事業有限責任組合を引受先とする資金調達を実施したことを発表しました。

企業概要・事業内容

ボンドは、日本語学習動画プラットフォーム「BondLingo(ボンドリンゴ)」を運営しています。

外国人向けに、日本語学習に加え、日本で働くためのビジネスマナーや専門用語などの講座を提供しています。

目的

事業拡大に活用する見込み

株式会社WizWe

株式会社WizWeは、2019年12月17日、MICイノベーション5号投資事業有限責任組合らを引受先とする第三者割当増資を実施し、総額約1億円の資金調達を行ったことを発表しました。

企業概要・事業内容

WizWeは、習慣化プラットフォーム「Smart Habit(スマートハビット)事業」を開発・運営している企業です。

「Smart Habit」は、ヒューマンとテクノロジーの2つの軸でユーザーが学習を継続できるよう習慣化し、目標達成を低価格で実現するサービスです。

目的

  1. 組織体制の強化
  2. 習慣化プラットフォーム「Smart Habit事業」に充当

引受先一覧

  • MICイノベーション5号投資事業有限責任組合(モバイル・インターネットキャピタル株式会社)
  • NVCC8号投資事業有限責任組合(日本ベンチャーキャピタル株式会社)
  • 株式会社新生銀行

株式会社耳勉

株式会社耳勉は、2019年12月25日、株式会社毎日みらい創造ラボより資金調達を実施したことを発表しました。

企業概要・事業内容

耳勉は、聴覚と脳の特性を活かして個人の学習能力向上を図る「聴覚認知学習法(ノイズ学習法)」を取り入れた、教育サービスを提供する企業です。

現在は、宅建士受験用の教材アプリを開発・提供しています。

目的

  1. 「耳勉/宅建士版」の拡販のためのマーケティング戦略のスピードの加速
  2. 「耳勉セルフ」のα版製作費用

▶教育業界/EdTech分野の資金調達・M&A・上場データまとめ【2016年版/国内】

▶教育業界/EdTech分野の資金調達・M&A・上場データまとめ【2015年版/国内】

2019年に上場、M&AされたEdTech・教育関連企業の一覧

企業 上場日
(公表日)
上場/買収
株式会社EDUCOM 1/8 買収
グルーヴ・ギア株式会社 1/16 買収
Geos Language Centre Pte Ltd. 3/19 買収
株式会社絵本の家 4/1 買収
株式会社昭栄広報及び株式会社エーアンドシー 6/14 買収
株式会社トゥエンティーフォーセブン 11/21 上場
株式会社QuelCode 12/2 買収
株式会社千葉工房 12/13 買収
株式会社 global bridge HOLDINGS 12/23 上場
夢見る株式会社 12/23 買収

株式会社EDUCOM

株式会社EDUCOMとClassi株式会社は、2019年1月8日、学習支援と校務支援に関する教育サービスを共同提供する目的で、戦略的パートナーシップを締結したことを発表しました。

また、ClassiはEDUCOMの株式の過半を取得し、EDUCOMはClassiグループの一員となりました。

EDUCOMは、1990年7月に設立された、統合型校務支援システム「EDUCOMマネージャーC4th」を提供する企業です。

成績処理に加え、学校運営・学級経営に関わる校務全般の支援が可能です。

2018年12月時点、全国の約320自治体、約6,900校の小中学校で活用されています。

グルーヴ・ギア株式会社

株式会社フランジアは、グルーヴ・ギア株式会社の発行済全株式を取得し、完全子会社化したことを2019年1月15日に発表しました。

グルーヴ・ギアは、エンジニアの就職支援のための育成スクール「GEEK JOB」の運営や、プログラミング教育事業などを展開する企業です。

IT人材の育成事業を中心に展開しており、これまで1000人以上の育成を行った実績があります。

Geos Language Centre Pte Ltd.

株式会社レアジョブは、2019年3月19日、Geos Language Centre Pte Ltd.の全株式を取得し、完全子会社化したことを発表しました。

Geos社は、シンガポールにおける英会話学校事業・短期留学事業を展開している企業です。

レアジョブは、シンガポールを新たなR&D拠点の1つとし、先進的なプログラム開発を行うことを目的に完全子会社化を行いました。

株式会社絵本の家

2019年4月1日、株式会社岩崎書店が、株式会社絵本の家の全株式を取得し完全子会社化したことを発表しました。

絵本の家は、1984年7月に設立された、海外絵本の輸入・卸販売を百貨店や書店、英会話学校等に提供している企業です。

岩崎書店は取扱商品を拡充し、今後さらなる成長を見込んでいる英語絵本市場に参入し事業拡大を図るため、絵本の家の子会社化に至りました。

株式会社昭栄広報及び株式会社エーアンドシー

チエル株式会社は、2019年6月14日、株式会社昭栄広報及び株式会社エーアンドシーの株式を取得し、約2億3,000万円で子会社化することを発表しました。

栄広報及びエーアンドシーは、高校生を対象とした進学相談会を行っています。

チエルは高校・大学・専門学校と多数の接点があり、ICT化による事業拡大が見込めると判断し、今回の子会社化を行いました。

株式会社トゥエンティーフォーセブン

株式会社トゥエンティフォーセブンは、2019年11月21日、東京証券取引所マザーズ市場に株式を公開しました。

トゥエンティフォーセブンは、パーソナルデータを活用した、マーケティング支援事業を展開しています。

短期集中型のマンツーマン英会話教室「24/7 English」の経営や、語学学習にAI技術を活用したアプリやツールの開発を行っています。

株式会社QuelCode

2019年12月2日、株式会社LABOTは、株式会社QuelCodeの全株式を取得し完全子会社化したことを発表しました。

QuelCodeは、プログラミングスクール「QUELCODE」を運営している企業です。

「QUELCODE」はアメリカで生まれたISAsという新しい契約モデルのスクールです。

※ISAsは、受講開始から卒業までの期間は受講費用は一切発生せず、卒業後の収入から一定割合を支払うというモデルです。

2020年1月に、QUELCODE 恵比寿ガーデンプレイス校において、国内で初めてISAsを導入したスクールを開校する予定です。

株式会社千葉工房

2019年12月13日、株式会社LABOTは、株式会社千葉工房の全株式を取得し完全子会社化したことを発表しました。

千葉工房は、Web・スマートフォン向けサービスの企画や開発・運営を行っている企業です。

LABOTは、2020年1月開校予定のプログラミングスクール「QUELCODE」にて、千葉工房の持つサービス企画・開発力を活用する見込みです。

株式会社 global bridge HOLDINGS

株式会社global bridge HOLDINGSは、2019年12月23日にマザーズ市場へ上場しました。

global bridge HOLDINGSは、首都圏と大阪を中心に保育施設・介護施設を展開しています。

また、保育園運営管理システムの導入や保育介護用品専門のネットショップの運営といったICT事業にも取り組んでいます。

2019年10月末時点で、認可保育園47施設、小規模保育施設8施設、介護施設15施設を運営しています。

夢見る株式会社

2019年12月23日、株式会社エディオンは夢見る株式会社の発行済全株式を取得したことを発表しました。

夢見るは、子ども向けのプログラミング教室「ロボ団」を海外を含めて約100教室を展開しており、生徒数は3,000名を超えています。

今後、プログラミングイベントなどのコンテンツビジネスの強化や、エディオンの店舗を通じた遠隔授業の提供などに向けて取り組んでいくようです。

▶教育業界/EdTech分野の資金調達・M&A・上場データまとめ【2018年版/国内】

▶教育業界/EdTech分野の資金調達・M&A・上場データまとめ【2017年版/国内】

教育関連企業への転職でEducation Careerを活用する4つのメリット

弊社は教育業界専門の転職サイト・転職エージェント「Education Career」を運営しています。

ここでは、転職活動において弊社を活用頂くメリットをご紹介します。

①独自の求人やテーマに合わせた求人を紹介可能

教育業界専門の転職エージェントだから、他のエージェントでは積極的に紹介されないような求人(教材制作/学校営業/スクール運営/各種企画職)もご案内いたします。

  • EdTech(教育×テクノロジー)
  • STEAM教育
  • グローバル人材育成
  • 社会人教育

などの関心領域に合わせてご提示することも可能です。

②面談を通した、個人にとってよりよいキャリアを提案

弊社では、弊社オフィスにお越しいただくか、電話/ビデオ通話等での面談を必須としています。

面談を通じて、

  • 教材作成や企画にチャレンジしたい
  • 年収をあげたい
  • 土日休みの仕事がしたい
  • 夜遅い勤務を日中勤務にしたい

といった要望、条件を伺った上で、よりよいキャリアの選択肢を提示するためです。

※ご紹介可能な求人はご経歴や、タイミング・時期によって変動いたします。状況によっては転職をおすすめしないこともあります。

③豊富な実績を元に、書類作成、選考対策をサポートします

  • 学校の先生/教員
  • 学習塾の講師や教室長
  • 各種の教材制作/編集
  • 教育関連業種での営業
  • ITエンジニア
  • 異業界から教育業界への転身

などなど多くの方々の教育業界での転職を支援しております。

出身の職種特有の書類の作成や面接対策も行っています。

教育関連の企業に興味はあるが、知識や経験がなくどのようにするべきかわからないという方は、弊社にご相談頂ければコツやポイントをお伝えします

④利用は無料!相談=転職ではなく、中長期的なキャリア相談も可能

弊社のご利用は全て無料です。

また、転職相談・面談を行ったからといって、求人に応募しなければいけないわけではありません

ご要望やタイミングに合わせて、転職活動の開始時期等もアドバイスさせて頂き、支援いたします。

今すぐではないが、今後考えているという方のキャリア相談も歓迎しておりますので、お気軽にご相談ください。

早期の活動開始と事前準備が転職成功のカギ!お早めに相談ください

ご自身が納得され、条件的にも満足出来るような転職活動を行うには、

  • 情報収集
  • 選考の対策

が欠かせません。

ただ弊社の感覚値、90%以上の方の準備が不足しています。

準備を行えば採用につながる可能性がある場合でも、準備不足によりお見送りになってしまうケースがあります。

転職エージェントを活用頂ければ、本人では気づきづらい、もったいないミスも避けることが出来ます。

特に弊社は、教育業界における実績が多数ございますので、業界特有、個別の企業に対する対策を行えます。

ただ、高い品質での面談を行うため、面談数は限定で行っています。

面談ご希望の方は、出来るだけお早めに以下のフォームよりご相談ください。

関連キーワード

エージェントに 無料転職相談する
中途採用支援の依頼をする
教育業界の非公開求人が多数 転職エージェントに相談する