• /
  • コラム/
  • 学研ホールディングスへの転職活動前に必見!教育業界専門エージェントによるまとめ

2016-05-08 2020-01-22

学研ホールディングスへの転職活動前に必見!教育業界専門エージェントによるまとめ

教育に関心をお持ちの方に限らず、「学研」の会社名を聞いたことがある方は多いでしょう。

学研ホールディングスは連結子会社55社、非連結子会社17社、関連会社8社と学研グループを構成し、教育や医療福祉に関する幅広い事業を行っています。

この記事では、教育業界専門転職エージェントを運営しており、学研ホールディングスへの転職活動を始める前に知っておきたい知識や情報をまとめています。

最後まで読んでいただくと、選考に進む前に知っておくべき、企業の概要や、転職活動・中途採用で重要なことが理解できる内容になっています。

学研ホールディングスの特徴と転職活動で知っておきたいこと

学研ホールディングスの特徴

  • 1947(昭和22)年に設立
  • 1982(昭和57)年に東証第二部へ、1984(昭和59)年に東証第一部へ上場
  • 連結子会社55社、非連結子会社17社、関連会社8社と学研グループを構成
  • 直近の業績は売上高1,405.6億円、営業利益45.2億円(2019年9月期)

学研ホールディングスへの転職活動の前に知っておきたいこと

  • 平均年齢47.0歳、従業員数6,970名(2019年9月末現在)
  • 学研ホールディングスの中途採用は各企業ごとに行われる

学研ホールディングスに関する基礎知識

学研ホールディングスの会社概要

名称 株式会社学研ホールディングス
創業・設立 1947年3月
所在地 東京都品川区西五反田二丁目11番8号
代表取締役社長 宮原 博昭
創業者 古岡 秀人
資本金 187億5,700万円
事業内容 教育・医療福祉事業

学研ホールディングスは持株会社で、連結子会社55社、非連結子会社17社、関連会社8社と学研グループを構成し、

  1. 教育サービス事業
  2. 教育コンテンツ事業
  3. 教育ソリューション事業
  4. 医療福祉サービス事業

の4つの事業を行っています。以下で事業ごとの主要会社を抜粋して紹介します。

教育サービス事業

  • 学研塾ホールディングス
  • 学研エデュケーショナル
  • 学研エル・スタッフィング
  • 学研スタディエ
  • 創造学園
  • 早稲田スクール
  • イング
  • 全教研
  • 文理学院

教育コンテンツ事業

  • 学研出版ホールディングス
  • 学研プラス
  • 文理版
  • 学研ステイフル

教育ソリューション事業

  • 学研教育みらい
  • 学研アソシエ

医療福祉サービス事業

  • 学研ココファン・ホールディングス
  • 学研ココファン
  • 学研ココファン・ナーサリー
  • メディカル・ケア・サービス
  • 学研メディカル秀潤社

なお、学研ホールディングスの中途採用は、各企業ごとに行われています

学研の企業理念

グループ理念」によると、学研のグループ理念は「私たち学研グル-プは全ての人が心ゆたかに生きることを願い今日の感動・満足・安心と明日への夢・希望を提供します」です。

グループビジョンは「ずっと、いっしょに”まなび”をたのしく!ワクワク☆ドキドキ創造企業」です。

学研ホールディングスの事業内容

学研ホールディングスは「教育」と「医療福祉」を中心に、幅広く事業を展開しています。

  • 教育コンテンツ事業
  • 教育サービス事業
  • 教育ソリューション事業
  • 医療福祉サービス事業

の4つの事業ごとに紹介します。

教育コンテンツ事業

教育コンテンツとして、教育に関連する製品の開発・販売を行っています。

主に、

  • 学習参考書や辞典・実用書の発刊
  • 知育トイや文具などの開発販売
  • オンライン講座や電子書籍などデジタルコンテンツの運営

などを行っています。

教育サービス事業

教育サービスとして、学研教室などの学習塾・進学塾等を運営しています。

教育ソリューション事業

教育ソリューションでとして、学校や企業の教育現場をサポートする、

  • 保育教材・用品の開発・販売
  • 企業向けの採用支援
  • 学生向けの就職活動支援
  • 教科書・参考書の作成・販売

などを行っています。

医療福祉サービス事業

医療福祉分野として、

  • 高齢者向けの住宅の販売
  • 認可・認証保育所、こども園の運営
  • 医療系の専門書籍の出版

などを行っています。

学研ホールディングスの業績

2019年9月期決算説明会資料」によると、2019年9月期の売上高は1,405.6億円(対前年比+31.3%)、営業利益は45.3億円(対前年比+23.8%)と、増収増益です。

売上高は10期連続で増加しています。

セグメント別の売上高は以下の通りです。

  • 教育サービス:302.7億円(対前年比-0.3%)
  • 教育コンテンツ:295.6億円(対前年比-1.7%)
  • 教育ソリューション:190.8億円(対前年比+0.8%)
  • 医療福祉サービス:581.4億円(対前年比+138.1%)

教育サービス事業は、進学塾の生徒数が伸び悩み減収となりました。

教育コンテンツ事業の売上は、実用書・定期誌が伸び悩み減少しています。

教育ソリューション事業は、企業向け研修事業の連結加入により増収となりました。

福祉医療サービス事業の売上高は、メディカルケアサービス株式会社の子会社化と既存事業の拡大等により大幅に増加しています。

▶学研ホールディングス、2019年9月期決算。売上高1,405.5億円(対前年比+31.3%)、営業利益45.2億円(対前年比+23.8%)

学研ホールディングスの成長戦略

学研ホールディングスは2か年ごとに中期経営計画を立てています。

2018年11月に発表された中期経営計画「Gakken 2020」を参考に、学研ホールディングスの成長戦略を解説します。

「Gakken 2020」では2020年を「次代を拓くグループ力の結集」と位置づけ、業績計画を、

  • 売上:1,400億円
  • 営業利益:50億円

を見込んでいます。

教育分野では事業変革を行います。

例えば、教育サービス事業で提供している「学研教室」は教室数を拡大・維持し、コース強化と英語塾立ち上げを行うようです。

医療福祉分野では、「学研版地域包括ケアシステム」の実現を目指す方針です。

※学研版地域包括ケアシステム・・・「0歳から100歳を超える⾼齢者まで多世代が⽀え合いながら地域の中で安⼼して暮らせる街づくり」

学研ホールディングスの年収・給与

2019年9月期有価証券報告書」によると学研ホールディングスの平均年収は932万円、平均年齢は47.0歳です。

平均年収が高いのは、持株会社である学研ホールディングスの年収であるためと考えられます。

学研ホールディングスの書類選考対策

一般的に転職活動における書類選考の通過率は20~30%と言われています。

書類選考を通過しなければ、その後の面接の機会を得ることはできません。

しかし、書類は通過後に行われる面接でも活用されるため、ただ通過することを目指すのでなく、より良い書類を作りましょう。

書類作成時の注意点は以下の3つです。

  1. 歓迎要件に当てはまる要素をアピールする
  2. 過去の実績をできるだけ具体的に記載する(数字や規模感がわかるようにする)
  3. 面接の際に深堀りしてほしい内容を記載する(不要な情報は入れない)

履歴書や職務経歴書の内容に自信がない方は、転職エージェントで添削してもらうとよいでしょう。

客観的な意見をもらうことで、アピールポイントをブラッシュアップすることができます。

学研ホールディングスの面接対策

面接で聞かれやすい質問

学研ホールディングスの中途採用の面接では、

  • 自己紹介
  • 経歴
  • 学歴
  • 前職について
  • 転職理由
  • 志望動機
  • なぜ学研で働きたいのか など

の質問が聞かれやすいようです。

業界知識・トレンド

現在、教育業界は、

  • アクティブラーニング
  • 個人の学習の最適化(アダプティブラーニング)
  • STEAM教育
  • 反転授業、ブレンディッドラーニング
  • センター試験の廃止
  • プログラミングの義務教育化

など、様々なトピックスやニュースがあります。

あまりにもこうしたトピックスについて知識や意見がない場合、教育分野に対して興味・関心がないと思われてしまう可能性もあります。

特に関心のある分野や、自身が応募したいと思うポジションに関連するようなトピックスは事前に把握しておきましょう。

学研ホールディングスへの転職でEducation Careerを活用する4つのメリット

弊社は教育業界専門の転職サイト・転職エージェント「Education Career」を運営しています。

ここでは、転職活動において弊社を活用頂くメリットをご紹介します。

①独自の求人やテーマに合わせた求人を紹介可能

教育業界専門の転職エージェントだから、他のエージェントでは積極的に紹介されないような求人(教材制作/学校営業/スクール運営/各種企画職)もご案内いたします。

  • EdTech(教育×テクノロジー)
  • STEAM教育
  • グローバル人材育成
  • 社会人教育

などの関心領域に合わせてご提示することも可能です。

②面談を通した、個人にとってよりよいキャリアを提案

弊社では、弊社オフィスにお越しいただくか、電話/ビデオ通話等での面談を必須としています。

面談を通じて、

  • 教材作成や企画にチャレンジしたい
  • 年収をあげたい
  • 土日休みの仕事がしたい
  • 夜遅い勤務を日中勤務にしたい

といった要望、条件を伺った上で、よりよいキャリアの選択肢を提示するためです。

※ご紹介可能な求人はご経歴や、タイミング・時期によって変動いたします。状況によっては転職をおすすめしないこともあります。

③豊富な実績を元に、書類作成、選考対策をサポートします

  • 学校の先生/教員
  • 学習塾の講師や教室長
  • 各種の教材制作/編集
  • 教育関連業種での営業
  • ITエンジニア
  • 異業界から教育業界への転身

などなど多くの方々の教育業界での転職を支援しております。

出身の職種特有の書類の作成や面接対策も行っています。

教育関連の企業に興味はあるが、知識や経験がなくどのようにするべきかわからないという方は、弊社にご相談頂ければコツやポイントをお伝えします

④利用は無料!相談=転職ではなく、中長期的なキャリア相談も可能

弊社のご利用は全て無料です。

また、転職相談・面談を行ったからといって、求人に応募しなければいけないわけではありません

ご要望やタイミングに合わせて、転職活動の開始時期等もアドバイスさせて頂き、支援いたします。

今すぐではないが、今後考えているという方のキャリア相談も歓迎しておりますので、お気軽にご相談ください。

早期の活動開始と事前準備が転職成功のカギ!お早めに相談ください

ご自身が納得され、条件的にも満足出来るような転職活動を行うには、

  • 情報収集
  • 選考の対策

が欠かせません。

ただ弊社の感覚値、90%以上の方の準備が不足しています。

準備を行えば採用につながる可能性がある場合でも、準備不足によりお見送りになってしまうケースがあります。

転職エージェントを活用頂ければ、本人では気づきづらい、もったいないミスも避けることが出来ます。

特に弊社は、教育業界における実績が多数ございますので、業界特有、個別の企業に対する対策を行えます。

ただ、高い品質での面談を行うため、面談数は限定で行っています。

面談ご希望の方は、出来るだけお早めに以下のフォームよりご相談ください。

関連キーワード

エージェントに 無料転職相談する
中途採用支援の依頼をする
教育業界の非公開求人が多数 転職エージェントに相談する