• /
  • コラム/
  • Classiへの転職活動前に必見!教育業界専門エージェントによるまとめ

2020-01-14

Classiへの転職活動前に必見!教育業界専門エージェントによるまとめ

Classiは2014年、ベネッセとソフトバンクの合弁会社として設立されました。

全国の高校の50%以上、高校生の3人に1人が利用するクラウドサービス「Classi(クラッシー)」を提供しています。

教育ICTに関心があり、Classiを知っている方は多いでしょう。

この記事では、教育業界専門転職エージェントを運営している弊社が、Classiへの転職活動を始める前に知っておきたい知識や情報をまとめています。

最後まで読んでいただくと、選考に進む前に知っておくべき、企業の概要や、転職活動・中途採用で重要なことが理解できるようになっています。

Classiの特徴と転職活動で知っておきたいこと

  • 2014年4月、ベネッセとソフトバンクの合弁会社として設立
  • 2015年より教育プラットフォーム「Classi」正式版の提供を開始
  • 「Classi」は全国の高校の2校に1校、高校生の3人に1人が利用
  • 様々なポジションで中途採用を募集中

Classiに関する基礎知識

Classiの会社概要

名称 Classi株式会社
創業・設立 2014年4月4日
所在地 東京都新宿区西新宿2丁目1-1
代表取締役社長 山崎 昌樹
事業内容 教育プラットフォームの開発・運営

Classi株式会社は、ソフトバンク株式会社と株式会社ベネッセホールディングスにより共同設立されました。

Classiのミッション・ビジョン

代表挨拶・理念」によると、Classiのミッションは「子供の無限の可能性を解き放ち、学びの形を進化させる」、ビジョンは「新しい学びが広がる未来の教育プラットフォームを創る」です。

Classiは教育プラットフォームを通じた、学校教育に関する課題解決の支援を目指しています。

Classiの事業内容

先生・生徒・保護者向けのクラウド型学習支援サービス「Classi」を提供しています。

Classiは先生の授業・指導、生徒の学習をサポートする”オールインワンプラットフォーム”で、さまざまな機能があります。

2019年5月現在、全国の高校の2校に1校(2,500校以上)が導入、116万人が利用しています。

Classiの基本機能は、

  1. 生徒の学びを記録する「ポートフォリオ
  2. 生徒1人1人に合わせた動画と問題をリコメンドする「アダプティブラーニング
  3. 主体性を育む「アクティブ・ラーニング
  4. 双方向で利用できる「コミュニケーションツール

で、この他にオプションや連携サービスも用意されています。

ポートフォリオとは、各生徒の学習面、生活面の情報をまとめたのものです。

生徒たちが入力した情報や外部模試の結果、成績データ、学習時間などをまとめて記録します。

ポートフォリオにより、教師は質の高い生徒指導、保護者面談を行うことができます。

Classiには双方向で利用できるコミュニケーションツールが備わっており、学級通信などの情報共有が円滑にできます。

Classiのコミュニケーションツールではクラス・部活・職員などでグループを作ることも可能です。

これを利用することで、ホームルームや会議等も効率的に進めることができます。

Classiの提携サービス

Classiは他の教育コンテンツと提携しており、Classi IDで提携コンテンツを利用できます。

4技能英語や探求学習など、分野ごとに複数のサービスを課題にあわせて利用することができます。

提携サービスの一例を上げると、

  • 英語4技能:English Cental、ENGLISH  EXPRESS、my ET、英作文パス for schoolなど
  • 探求学習:探求ナビ、QUEST、JTB修学旅行探求ノート、Think and Questシリーズなど
  • アクティブ・ラーニング:Classi NOTE
  • プログラミング:Monaca
  • セキュリティ教育:Net Learning
  • いじめ対策:スクールサイン

などがあります。

Classiが中途採用を行う求人のポジション

現在、Classiは、

  • エンジニア
  • プロダクトマネージャー
  • 人事
  • 労務
  • セキュリティ責任者

のポジションで中途採用を行っています。

募集状況はタイミングにより異なります。

エンジニア

Classiのwebサービス、スマホアプリなどの設計・開発・改善や各プロダクトチームのUI改善、グロース施策の開発などを行います。

担当する領域ごとに、

  • Railsエンジニア:継続的なRuby/Railsの最新版への対応やリファクタリングなど
  • Androir/iOSエンジニア:既存アプリの改善、ユーザの意見をもとにした新規アプリの開発など
  • Pythonエンジニア:リコメンドエンジンのAPI開発や社内のデータ調査など
  • フロントエンドエンジニア:SPAフレームワークを用いた業務、非SPA画面からSPAへのリプレイスなど
  • CRE:ユーザの要望に対する技術調査、Classiのサービス改善など

等を募集しています。

プロダクトマネジャー

プロダクトマネージャーはClassiの開発、改善を牽引するポジションです。

具体的には、

  • プロダクト戦略・ロードマップの策定
  • 各種調査に基づく分析・課題抽出
  • プロダクトチームの推進

などの業務を行います。

人事

人事は採用をメインに、その後希望に合わせて人事業務を幅広く行います。

具体的には、

  • ダイレクトリクルーティングの企画、実行
  • コーポレートサイトや各種媒体の企画、運営
  • 紹介会社とのリレーション構築
  • リファラルリクルーティングの推進
  • 採用基準、選考手法の策定

などの業務を担当します。

労務

  • 給与、賞与、社保チェック行務
  • 入社受入手続き、退社手続き
  • 年末調整
  • 衛生管理(産業医対応など服務)
  • 規定の作成、整備、運用

など労務全般を担当します。

Classiは合弁企業で直接雇用社員と出向社員が混在しているため、一般的な労務の仕事内容とは異なる独特の難しさと面白さがあるようです。

セキュリティ責任者

セキュリティ責任者はセキュリティに関する業務の管理、監督を行います。

具体的な仕事内容は、

  • 企業リスクに関する戦略の策定、施策の構築、管理
  • セキュリティ対応状況の調査、分析、課題改善
  • セキュリティ組織の運営
  • 従業員に対するセキュリティ啓蒙活動、経営陣に対する状況報告、提案

などです。

Classiの中途採用の選考スケジュール

Classiの中途採用の選考は、

  1. 書類選考
  2. 面接:数回
  3. 内定

の流れで実施されることが多いようです。

面接の回数やテストの有無等は、ポジションやタイミングにより異なります。

Classiの書類選考対策

一般的に転職活動における書類選考の通過率は20~30%と言われています。

書類選考を通過しなければ、その後の面接の機会を得ることはできません。

しかし、書類は通過後に行われる面接でも活用されるため、ただ通過することを目指すのでなく、より良い書類を作りましょう。

書類作成時の注意点は以下の3つです。

  1. 歓迎要件に当てはまる要素をアピールする
  2. 過去の実績をできるだけ具体的に記載する(数字や規模感がわかるようにする)
  3. 面接の際に深堀りしてほしい内容を記載する(不要な情報は入れない)

履歴書や職務経歴書の内容に自信がない方は、転職エージェントで添削してもらうとよいでしょう。

客観的な意見をもらうことで、アピールポイントをブラッシュアップすることができます。

Classiの面接対策

面接で聞かれやすい質問

中途採用の面接では、ポジションにもよりますが変わった質問をされることは少なく、

  • 自己紹介
  • 経歴
  • 学歴
  • 前職について
  • 転職理由
  • 志望動機 など

上記のような内容がよく聞かれるようです。

業界知識・トレンド

現在、教育業界は、

  • アクティブラーニング
  • 個人の学習の最適化(アダプティブラーニング)
  • STEAM教育
  • 反転授業、ブレンディッドラーニング
  • センター試験の廃止
  • プログラミングの義務教育化

など、様々なトピックスやニュースがあります。

あまりにもこうしたトピックスについて知識や意見がない場合、教育分野に対して興味・関心がないと思われてしまう可能性もあります。

特に関心のある分野や、自身が応募したいと思うポジションに関連するようなトピックスは事前に把握しておきましょう。

Classiへの転職でEducation Careerを活用する4つのメリット

弊社は教育業界専門の転職サイト・転職エージェント「Education Career」を運営しています。

ここでは、転職活動において弊社を活用頂くメリットをご紹介します。

①独自の求人やテーマに合わせた求人を紹介可能

教育業界専門の転職エージェントだから、他のエージェントでは積極的に紹介されないような求人(教材制作/学校営業/スクール運営/各種企画職)もご案内いたします。

  • EdTech(教育×テクノロジー)
  • STEAM教育
  • グローバル人材育成
  • 社会人教育

などの関心領域に合わせてご提示することも可能です。

②面談を通した、個人にとってよりよいキャリアを提案

弊社では、弊社オフィスにお越しいただくか、電話/ビデオ通話等での面談を必須としています。

面談を通じて、

  • 教材作成や企画にチャレンジしたい
  • 年収をあげたい
  • 土日休みの仕事がしたい
  • 夜遅い勤務を日中勤務にしたい

といった要望、条件を伺った上で、よりよいキャリアの選択肢を提示するためです。

※ご紹介可能な求人はご経歴や、タイミング・時期によって変動いたします。状況によっては転職をおすすめしないこともあります。

③豊富な実績を元に、書類作成、選考対策をサポートします

  • 学校の先生/教員
  • 学習塾の講師や教室長
  • 各種の教材制作/編集
  • 教育関連業種での営業
  • ITエンジニア
  • 異業界から教育業界への転身

などなど多くの方々の教育業界での転職を支援しております。

出身の職種特有の書類の作成や面接対策も行っています。

教育関連の企業に興味はあるが、知識や経験がなくどのようにするべきかわからないという方は、弊社にご相談頂ければコツやポイントをお伝えします

④利用は無料!相談=転職ではなく、中長期的なキャリア相談も可能

弊社のご利用は全て無料です。

また、転職相談・面談を行ったからといって、求人に応募しなければいけないわけではありません

ご要望やタイミングに合わせて、転職活動の開始時期等もアドバイスさせて頂き、支援いたします。

今すぐではないが、今後考えているという方のキャリア相談も歓迎しておりますので、お気軽にご相談ください。

早期の活動開始と事前準備が転職成功のカギ!お早めに相談ください

ご自身が納得され、条件的にも満足出来るような転職活動を行うには、

  • 情報収集
  • 選考の対策

が欠かせません。

ただ弊社の感覚値、90%以上の方の準備が不足しています。

準備を行えば採用につながる可能性がある場合でも、準備不足によりお見送りになってしまうケースがあります。

転職エージェントを活用頂ければ、本人では気づきづらい、もったいないミスも避けることが出来ます。

特に弊社は、教育業界における実績が多数ございますので、業界特有、個別の企業に対する対策を行えます。

ただ、高い品質での面談を行うため、面談数は限定で行っています。

面談ご希望の方は、出来るだけお早めに以下のフォームよりご相談ください。

関連キーワード

エージェントに 無料転職相談する
中途採用支援の依頼をする
教育業界の非公開求人が多数 転職エージェントに相談する