• /
  • コラム/
  • ビジネスブレークスルーの企業研究!事業内容や沿革、平均年収、従業員数は?

2018-10-09

ビジネスブレークスルーの企業研究!事業内容や沿革、平均年収、従業員数は?

この記事は、株式会社ビジネス・ブレークスルーに関しての情報をまとめています。沿革や事業内容、株主、従業員数、平均年収、平均年齢等を記載しています。ビジネス・ブレークスルーのIRの数字をもとに作成しています。

ビジネス・ブレークスルーの沿革

ビジネス・ブレークスルーは、1998年4月に、遠隔型マネジメント教育事業を目的として設立されました。

1999年9月に履修管理システム(Satellite Campus)を、2002年4月に遠隔型学習環境統合システム(AirCampus)を用いたサービスの提供を開始しました。

2005年12月に東京証券取引所マザーズ市場に上場し、2016年12月に東京証券取引所市場第一部に市場変更を行いました。

ビジネス・ブレークスルーの事業内容

ビジネス・ブレークスルーは、マネジメント教育サービス事業、経営コンテンツメディアサービス事業、プラットフォームサービス事業の3つの事業を行っています。以下で、それぞれの事業について詳しく説明します。

マネジメント教育サービス事業

マネジメント教育サービスは、遠隔教育プログラム、集合教育プログラム、カスタマイズプログラムの3つで構成されています。

遠隔教育プログラム

大前経営塾

大前研一の講義や実際の経営者の話を収録したビデオとテキストを視聴し、インターネット上で議論するコンテンツ

MBAプログラム

インターネットを用いた遠隔学習によって、最短2年間でMBAを取得できるプログラム

集合教育プログラム

法人を対象とした企業研修と、個人を対象としたスクール形式の研修を提供しています。また、集合教育の講義は、デジタルコンテンツ化を行い、遠隔教育プログラムとして活用しています。

カスタマイズプログラム

遠隔教育プログラムと集合教育プログラムを活用し、顧客の経営課題に合わせてプログラムをカスタマイズして提供しています。

経営コンテンツメディアサービス事業

最新のビジネス情報や、ビジネスのヒントになるコンテンツをマルチメディアで配信しています。メディアは衛星放送、ブロードバンド等があります。

プラットフォームサービス事業

子会社のアオバインターナショナルエデュケイショナルシステムズは、幼少期から高校生が対象の「アオバジャパン・インターナショナルスクール」を運営しています。

また、子会社の現代幼児基礎教育開発株式会社は、1歳から6歳を対象に、語学教育やピアノ、バレエなどが学べる「JCQバイリンガル幼稚園」「アオバジャパン・バイリンガルプリスクール」を運営しています。

ビジネス・ブレークスルーの株主

有価証券報告書 第20期(平成29年4月1日ー平成30年3月31日)大株主の状況

氏名または名称 所有株式数
(株)
発行済株式の総数に対する所有株式数の割合
(%)
大前 研一 5,924,300 41.56%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 283,200 1.99%
宮本 雅史 198,000 1.39%
伊藤 泰史 193,100 1.35%
F.W. HUIBREGTSEN 188,000 1.31%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口5) 168,200 1.18%
村井 純 166,000 1.16%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 146,000 1.02%
日森 潤 144,000 1.01%
黄 茂雄 130,000 0.91%
7,540,800 52.90%

ビジネス・ブレークスルーの代表取締役会長である大前 研一氏が41.56%の株を保有しています。

ビジネス・ブレークスルーが今後注力する領域、展開事業は?

グローバル教育の世界標準のひとつである「国際バカロレア(IB)」の普及に貢献するプラットフォームサービス事業に今後注力していく方針です。

また、ビジネス・ブレークスルーの中核事業である、マネジメント教育サービス事業の拡大と法人営業の強化に取り組んでいくようです。

ビジネス・ブレークスルーの従業員、平均年収、平均年齢は?

従業員数

ビジネス・ブレークスルーの従業員数

年度 従業員数
(人)
2918 131
2017 135
2016 125

連結会社の従業員数

年度 従業員数
(人)
2018 278
2017 267
2016 226

連結会社の従業員数は、2016年と2017年を比べると41人増加しています。主な要因は、プラットフォームサービス事業における幼児教育拠点を新設したためです。

平均年収

年度 平均年収
(万円)
2018 486
2017 525
2016 518

平均年収は前年と比較して、2017年は約7万円増額、2018年は約39万円減額しました。

平均年齢

年度 平均年齢
(歳)
2018 37.5
2017 36.8
2016 35.9

平均年齢は、この3年間では毎年約1歳上がっています。

教育業界への転職ならEducation Careerにご相談下さい

弊社(株式会社ファンオブライフ)は、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営しています。

また、教育×テクノロジーをテーマにしたWebメディア「EdTech Media」を運営しており、教育分野の様々な企業(大企業・優良ベンチャー/スタートアップ)と独自のネットワークを有しています。

教育業界への転職や、教育業界出身者の転職を検討されている方は、是非ご相談ください。

教育業界専門の転職エージェントだから、独自の求人を紹介可能

業界専門の転職エージェントだから、大手エージェントでは積極的にご紹介しないような求人(教材制作/学校営業/スクール運営/各種企画職)もご案内が可能です。

教育×IT、STEAM教育、グローバル人材育成、英語学習、社会人教育などの、ご興味・ご関心に合わせることも可能です。

また、今までの経験・スキルを活かした仕事や、条件面(給与・休日など)の向上が望めるような仕事をご希望の場合は、条件に合う求人をご紹介いたします。

※ご紹介可能な求人はご経歴や、タイミング・時期によって変動いたします。

利用は無料!履歴書や職務経歴書の作成、面接対策もサポートします

転職エージェントの利用は無料です。

履歴書や職務経歴書の作成サポート、面接対策も行いますので、転職が初めてという方、不慣れだという方も安心してご利用下さい。

教員や学習塾、各種スクール等の出身者の転職実績も豊富です

Education Careerでは、教育業界出身者の方の転職を多く支援しています。

学校の先生・教員、学習塾の講師や教室長、各種教材制作、学校営業の方々の転職を多く支援しております。

職種特有の面接・選考対策も可能です。

相談=転職ではありません。まずはお気軽にご相談ください

弊社に転職相談を行ったからといって、求人に応募しなければいけないわけではありません。

ご要望やタイミングに合わせて、転職活動の開始時期等もアドバイスさせて頂き、支援いたしますので、まずはお気軽に以下のフォームよりご相談ください。

関連キーワード

エージェントに 無料転職相談する