• /
  • コラム/
  • 教室長と塾講師の違いは?求められる経験やスキルは違うの?

2017-03-08 2019-01-23

教室長と塾講師の違いは?求められる経験やスキルは違うの?

この記事では、教育業界の求人の中でも多い、教室長(※企業によってはスクールマネージャーと呼ぶ場合もあり)と塾講師の違いを説明しています。

学習塾での勤務経験のある方にとっては自明のことですが、教育業界未経験の方にとっては、わかりづらい部分でもあるので、解説します。

学習塾の授業スタイルには、一斉授業と個別指導がある

学習塾というとどんな授業スタイルを思い浮かべるでしょうか。現在の学習塾業界には、大まかにいうと、2つの授業スタイルがあります。

一つが、一人の講師が授業の講義を行い、多くの生徒に一斉に講義を行うスタイルです。

一般に一斉授業と呼ばれます。大学の講義や学校の授業で多く行われる形式といえばイメージしやすいでしょうか。  もう一つの授業スタイルが、個別指導です。

個別指導の授業スタイルは、マンツーマンや一人の先生に生徒2−3人が教えるなどいくつかタイプがありますが、少人数の担当を行うという授業の形式です。生徒にとっては個人のペースに合わせて学習を進められ、分からないところなどの質問を行いやすい特長があります。

▶講師・教員関連職種の求人一覧はこちら

▶学習塾・予備校関連の求人一覧はこちら

一斉授業を担当するのが塾講師

その一斉授業を担当するのが、塾講師です。

一斉授業を行う塾は、比較的ハイレベルな授業を行うことが多く、受験対策などもレベルが高いことが多いです。

そのため求められる指導のレベルは高く、スキルや経験も要求水準が高いことが多いです。テレビに出演するような、有名講師になれば収入も青天井といえます。

※その場合、雇用契約ではなく委託契約という形になっていることも多いようです。

▶講師・教員関連職種の求人一覧はこちら

▶学習塾・予備校関連の求人一覧はこちら

個別指導の教室をマネジメントするのが教室長(スクールマネージャー)

一方で教室長の役割は塾講師とは大きくことなります。個別指導の塾では生徒少人数につき、先生が担当を行いますので、多くの先生が必要になります。

そしてこの先生の多くは、大学生や大学院生のアルバイトです。

教室長の役割は指導を行うことではありません。こういった大学生や大学院生のアルバイトのマネジメント(シフト管理、モチベーション・マネジメント等)、教室の売上管理、集客、保護者の対応といった広い業務を担当します。

▶講師・教員関連職種の求人一覧はこちら

▶学習塾・予備校関連の求人一覧はこちら

塾講師に求められるスキルや経験、資格は?

塾講師に求められるスキルや経験は、担当にもよりますが比較的高いです。ハイレベルな授業や受験対策の授業などを求められるため、学歴や受験経験(私立小学校、中学校など)が求められます。

塾業界での指導経験や、教員免許などの資格は必須ではありませんが、あると選考で有利になることも多いです。

業界未経験、指導経験のない方でも学歴や経歴上可能性があれば、選考に進めることも多いです。但し、大勢の前で話が出来るプレゼンテーション能力、生徒に好まれそうな人間力などのポテンシャルを評価されます。

また、当初は比較的難易度の低い授業を担当し、徐々に高い難易度の授業にステップアップしていくことが多いです。

文系科目の指導が出来る方のニーズも高いですが、数学や算数、理科系科目を指導出来る経験者の方のニーズは非常に高いです。

▶講師・教員関連職種の求人一覧はこちら

▶学習塾・予備校関連の求人一覧はこちら

教室長やスクールマネージャーに求められるスキルや経験、資格は?

塾講師に求められる能力は、生徒に対する指導力ですが、教室長やスクールマネージャーに求められるスキルは、大きく異なります。

大学生や大学院生のアルバイト講師のマネジメント、保護者への対応力、教室の売上管理などの業務が求められます。

生徒に授業を行う指導力は要求されず、マネジメント力やコミュニケーションを行う力、提案力といったスキルが求められます。学習塾での経験や教員免許などの資格を求められることもありません。

評価されやすい経験としては、店舗のマネジメント(業界は問いません)、販売・接客・営業経験などが評価されやすい経験です。

また、学生時代に塾講師の経験がある方というのも評価に結びつきやすいです。

▶講師・教員関連職種の求人一覧はこちら

▶学習塾・予備校関連の求人一覧はこちら

教育業界への転職ならEducation Careerにご相談下さい

弊社(株式会社ファンオブライフ)は、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営しています。

また、教育×テクノロジーをテーマにしたWebメディア「EdTech Media」を運営しており、教育分野の様々な企業(大企業・優良ベンチャー/スタートアップ)と独自のネットワークを有しています。

教育業界への転職や、教育業界出身者の転職を検討されている方は、是非ご相談ください。

教育業界専門の転職エージェントだから、独自の求人を紹介可能

業界専門の転職エージェントだから、大手エージェントでは積極的にご紹介しないような求人(教材制作/学校営業/スクール運営/各種企画職)もご案内が可能です。

教育×IT、STEAM教育、グローバル人材育成、英語学習、社会人教育などの、ご興味・ご関心に合わせることも可能です。

また、今までの経験・スキルを活かした仕事や、条件面(給与・休日など)の向上が望めるような仕事をご希望の場合は、条件に合う求人をご紹介いたします。

※ご紹介可能な求人はご経歴や、タイミング・時期によって変動いたします。

利用は無料!履歴書や職務経歴書の作成、面接対策もサポートします

転職エージェントの利用は無料です。

履歴書や職務経歴書の作成サポート、面接対策も行いますので、転職が初めてという方、不慣れだという方も安心してご利用下さい。

教員や学習塾、各種スクール等の出身者の転職実績も豊富です

Education Careerでは、教育業界出身者の方の転職を多く支援しています。

学校の先生・教員、学習塾の講師や教室長、各種教材制作、学校営業の方々の転職を多く支援しております。

職種特有の面接・選考対策も可能です。

相談=転職ではありません。まずはお気軽にご相談ください

弊社に転職相談を行ったからといって、求人に応募しなければいけないわけではありません。

ご要望やタイミングに合わせて、転職活動の開始時期等もアドバイスさせて頂き、支援いたしますので、まずはお気軽に以下のフォームよりご相談ください。

関連キーワード

エージェントに 無料転職相談する
中途採用支援の依頼をする
教育業界の非公開求人が多数 転職エージェントに相談する