• /
  • コラム/
  • ウィザスの企業研究!事業内容や平均年収、従業員数は?

2018-10-11

ウィザスの企業研究!事業内容や平均年収、従業員数は?

この記事は、ウィザスに関しての情報をまとめています。沿革や事業内容、株主、競合、市場等を記載しています。ウィザスのIRをもとに作成しています。

ウィザスの沿革

昭和51年7月に学研塾松原教場を母体として、ウィザスは、株式会社学力研修社という名前で大阪府にて設立されました。そして、昭和60年に高校生を対象とした大学受験指導部門「学びの社ユリーカ」(現ユリーカ統括)を発足しています。

平成4年に子会社「株式会社第一プロジェ」(現、(株)ブリーズ)を設立し、広告・印刷・人材採用企画を中心とした広告代理店業務を開始しています。

平成12年には、パソコンスクールを主業務とする子会社、株式会社バーチャルラボが設立されています。その後、構造改革特区を活用した株式会社による広域通信単位制高等学校の経営母体として、株式会社ハーモックと株式会社ナビが設立されています。その2社は、平成24年に株式会社ウィザスへ吸収合併されています。

ウィザスの事業内容

ウィザスは、以下の2つの事業を行っています。

学習塾事業

ウィザスは、集団指導や個別指導といった、生徒と保護者の多様な教育ニーズに応えうるサービスを提供しています。指導方法の特徴は、独自の意欲喚起教育(EMS)を用いていることです。それによって、学力の向上と人間力の成長を図り、成績向上に重点を置いた指導を可能にしています。

また、英語教育の変革への対応、理系・医系分野の魅力あるブランドやコースの設置、ICTを活用した指導スタッフのサポート・システムの拡充も行われています。

高校・キャリア支援事業

こちらの事業では、広域通信制高校の運営と、資格取得・高校卒業程度認定試験合格のための受験指導が行われています。

通信制高校の特性を活かしつつ、ICT教育と時代の要請にあった魅力あるコースの拡充を推進しています。芸能、スポーツ、ファッションなどといった異業種のパートナーと提携し、コースを展開させることで多様な顧客ニーズに応えています。

ウィザスの株主

有価証券報告書-第42期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)  大株主の状況

氏名または名称 所有株式数(株) 発行済み株式総数に対する所有株式数の割合(%)
株式会社ヒントアンドヒット 1,188 11.81
株式会社増進会出版社 626 6.22
株式会社ウィザス職員持株会 552 5.49
堀川直人 466 4.63
堀川明人 466 4.63
株式会社明光ネットワークジャパン 267 2.66
日本生命保険相互会社 249 2.47
堀川一晃 221 2.19
株式会社市進ホールディングス 220 2.18
賀来昌義 191 1.90
4,448 44.21

ウィザスの競合

株式会社栄光

栄光は、年中から高校生までが対象の学習塾「栄光ゼミナール」を運営しています。栄光ゼミナールでは、少人数のグループ指導と個別指導を行っています。

指導方法の特徴は、パソコンやiPadを使ったオンライン学習システムを導入していることです。これによって、教室での授業と家庭学習を連動させることが出来ます。授業で習った単元を動画で確認したり、一人ひとり専用の復習プリントが作成できるため、生徒の理解度をより深めることを可能にしています。

Z会グループ

Z会グループは、中学生が対象の集団指導塾「Z会進学教室」を運営しています。

こちらの塾では、最新の入試情報を入手・分析し、指導に活かしていることを強みにしています。入試動向を加味して、Z会進学教室のオリジナル教材を作成しています。また、その教材に対応したオリジナルシート教材を活用し、生徒一人ひとりの理解度を確実に把握しています。それらを指導に反映させ、学力を確実に伸ばしていくことを可能にしています。

学校法人角川ドワンゴ学園

角川ドワンゴ学園は、通信制高校「N高等学校」を運営しています。N高の特徴は、将来に役立つ多くの課外選択授業が用意されていることです。

ファッションやプログラミング、イラストデザインなどの勉強、酪農・農業体験などもできます。生徒数は、2018年7月時点で6,784人にまで達しています。年間68,700円という低価格からコースが用意されていることが特長です。また、98.3%という高い卒業率を誇っています。

ウィザスが対象とする市場は?

学習塾市場

学習塾市場は、少子化が進み市場規模が縮小しており、生徒獲得競争は激しくなっています。業界再編や新分野進出等の動きが活発化しています。総務省データによると、6~18 才の学齢人口は年々減少しており、国内においては限られた顧客層を奪い合う形で好調に業績を伸長させる事業者とそれ以外で、参入事業者間の業績に好不調が見られます。

ウィザスが今後注力する領域、事業展開は?

人の成長に中長期に渡り寄与していくため、既存事業の競合力強化を図っています。M&A、資本・業務提携、新会社設立等も含め、積極的な市場開発と新業態・新サービスを提供していく方針です。

ICT教育・能力開発、グローバル人材教育、社会人教育等の分野において、小・中・高生を対象とした教育ビジネスから通訳・翻訳等のランゲージサービス及び日本語教育サービス、法人を対象とした企業内研修等の人材育成ビジネスまで拡充させています。これらの業態開発を通じて、多層の人々に多様な教育サービスを提供していくようです。

ウィザスの従業員数、平均年収、平均年齢は?

従業員数

年度 従業員数(人)
平成30年3月 812
平成29年3月 779
平成28年3月 643

従業員数は年々増加しています。

平均年収

年度 平均年収(千円)
平成30年3月 5,345
平成29年3月 5,379
平成28年3月 5,231

平均年収は、500万円前後で毎年推移しています。

平均年齢

年度 平均年齢(歳)
平成30年3月 40.3
平成29年3月 40.0
平成28年3月 39.7

 

教育業界での転職・キャリアを検討中の方はEducation Careerにご相談ください

弊社は教育業界専門の転職サイトEducation Careerを運営しています。

学習塾、教材制作、各種スクール、社会人向け教育など、教育分野に携わる豊富な求人の情報を有しています。ご希望とご経歴を踏まえ、新たな機会をご提案致します。

教育業界経験者はもちろん、異業界の方も、多く教育関連企業でのキャリアを支援しています。サイト上では掲載していない求人などもございますので、教育関連企業でのキャリアにご興味があれば、まずはお気軽にフォームよりご相談ください。

関連キーワード

エージェントに 無料転職相談する