• /
  • コラム/
  • ビジネスブレークスルーの企業研究!事業内容や沿革、平均年収、従業員数は?

2018-10-09

ビジネスブレークスルーの企業研究!事業内容や沿革、平均年収、従業員数は?

この記事は、ビジネスブレークスルーに関しての情報をまとめています。沿革や事業内容、株主、競合、市場等を記載しています。ビジネスブレークスルーのIRをもとに作成しています。

ビジネスブレークスルーの沿革

ビジネスブレークスルーは、1998年4月に東京都にて遠隔型マネジメント教育事業を目的として設立されました。同年10月、スカイパーフェクTV!757チャンネルにて「ビジネス・ブレークスルー・チャンネル」の24時間放送が開始されました。その後、同社は、MBAプログラム、経営管理者育成プログラム、大前経営塾を開講しています。

そして、2005年4月にビジネスブレークスルー大学大学院が開学され、同年12月に株式会社東京証券取引所マザーズ市場に上場しました。

2011年7月に株式会社BBTオンラインが設立されました。2016年12月に株式会社東京証券取引所市場第一部に市場変更をしました。

ビジネスブレークスルーの事業内容

ビジネスブレークスルーは、以下の3つの事業を行っています。

マネジメント教育サービス事業

インターネットや衛星放送を活用した、遠隔型のマネジメント教育事業です。ビジネススキルが基礎から学べる10,000時間超のコンテンツを保有しています。

MBAが取得可能な大学院「ビジネスブレークスルー大学大学院」の運営や企業研修などの教育プログラムを、多様な配信メディアを通して提供しています。

経営コンテンツメディアサービス事業

経営やビジネスに関するコンテンツを複数の媒体で配信しています。スカパー!、スマートフォンやPC等で視聴可能となっています。毎日24時間、学習ニーズの高いコンテンツを配信しています。

プラットフォームサービス事業

こちらの事業は、同社の子会社が運営しています。子会社それぞれが、アオバジャパン・インターナショナルスクール、JCQバイリンガル幼稚園、サマーヒルインターナショナルスクールを運営しています。

  • アオバジャパン・インターナショナルスクール:幼少期から高校生までを対象とする学校です。外部認証団体の国際バカロレア(IB)、CIS、NEASCの認定校であり、本校を卒業した生徒には欧米の学校を卒業したものと同等の資格が与えられます。
  • JCQバイリンガル幼稚園:1歳から6歳までを対象に、英語・中国語を含む語学教育に加え、バレエ、ピアノ、空手、算盤などの知育・体育レッスンにも注力した特色のあるグローバル教育を提供しています。
  • サマーヒルインターナショナルスクール:1歳から6歳までを対象に、20カ国以上の国籍の生徒が集う国際的な環境の下で、英語等の語学教育に加え、知育・体育・情操教育等バランスの取れたカリキュラムを提供しています。

ビジネスブレークスルーの株主

有価証券報告書-第20期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)  大株主の状況

氏名または名称 所有株式数(株) 発行済み株式総数に対する所有株式数の割合(%)
大前 研一 5,924,300 41.56
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 283,200 1.99
宮本 雅史 198,000 1.39
伊藤 泰史 193,100 1.35
F.W. HUIBREGTSEN 188,000 1.31
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口5) 168,200 1.18
村井 純 166,000 1.16
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 146,000 1.02
日森 潤 144,000 1.01
黄 茂雄 130,000 0.91
7,540,800 52.90

ビジネスブレークスルーの競合

グロービス

グロービスは、MBAが取得可能なビジネススクール「グロービス経営大学院」を運営しています。

生徒は、東京や大阪にある校舎に直接通う通学式のほか、自宅でも出張先でも学べるようオンラインで受講できるコースも選択できます。また、グロービスは、MBAを検討している方向けに1科目から受講できる単科制制度を設けています。

グロービス経営大学院は、現在生徒数800名に達しており、国内最大のビジネススクールとなっています。

ビジネスブレークスルーが対象とする市場は?

遠隔型マネジメント教育市場

ビジネスブレークスルーは、インターネットや衛星放送を活用する遠隔型マネジメント教育市場に属します。この市場には、研修会社、コンサルティングファーム、シンクタンク系企業が進出しています。また、国外からの競争相手も増加しています。同社は、価格・サービス競争の激化を予想しています。

ビジネスブレークスルーが今後注力する領域、事業展開は?

同社の事業目的は、教育事業にもとづいて世界に通用する人材を輩出することです。同社は、1歳から18歳までの一環教育を英語・日本語を含む多言語で提供しています。また、eラーニングシステムを活用し、幼稚園から大学院、ビジネスパーソン、最高経営責任者あるいは起業家までをカバーする「生涯教育プラットフォーム」の構築を行っています。

プラットフォームサービス事業の強化と共に、コア事業であるマネジメント教育サービス事業の拡大と法人営業の強化は欠かせないと認識しているようです。同社グループの強みである良質なコンテンツと遠隔教育システム、ノウハウを存分に活かし、教育にイノベーションを起こすような革新的なサービスの提供、開発に取り組んでいくようです。

ビジネスブレークスルーの従業員数、平均年収、平均年齢は?

従業員数

年度 従業員数(人)
平成30年3月 278
平成29年3月 267
平成28年3月 226

従業員数は年々増加しています。

平均年収

年度 平均年収(千円)
平成30年3月 4,869
平成29年3月 5,250
平成28年3月 5,185

平均年収は、500万円前後で毎年推移しています。

平均年齢

年度 平均年齢(歳)
平成30年3月 37.5
平成29年3月 36.8
平成28年3月 35.9

平均年齢は、わずかですが毎年上がっています。

教育業界での転職・キャリアを検討中の方はEducation Careerにご相談ください

弊社は教育業界専門の転職サイトEducation Careerを運営しています。

学習塾、教材制作、各種スクール、社会人向け教育など、教育分野に携わる豊富な求人の情報を有しています。ご希望とご経歴を踏まえ、新たな機会をご提案致します。

教育業界経験者はもちろん、異業界の方も、多く教育関連企業でのキャリアを支援しています。サイト上では掲載していない求人などもございますので、教育関連企業でのキャリアにご興味があれば、まずはお気軽にフォームよりご相談ください。

関連キーワード

エージェントに 無料転職相談する