株式会社ベネッセコーポレーションのサービス企画・開発/ 英語4技能テスト「GTEC」│教育業界専門の転職エージェント

Education Career

株式会社ベネッセコーポレーション

サービス企画・開発/ 英語4技能テスト「GTEC」

年収

想定年収 500万~750万円 ... 想定年収 500万~750万円 ...
勤務地 東京都新宿区西新宿2丁目1-1 新宿三井ビルディング 15階 ※在宅勤務と出社を組み合わせたハイブリット... 東京都新宿区西新宿2丁目1-1 ...
勤務時間 9:30~17:30 スーパーフレックス制 ※1日の所定労働時間:7時間 ※残業時間:月平均40時間程度... 9:30~17:30 スーパー...
休日 土日祝、夏期休暇(6/1~9/30の間で連続して3日)、年末年始(12/30~1/4)、リスキル休暇、他 ... 土日祝、夏期休暇(6/1~9/3...

仕事内容

同社が開発している英語4技能テストGTECのサービス・商品企画開発をお任せいたします。

【詳細】
GTECをより多くの学校・生徒・学生に受験頂き、事業拡大を進めるため、以下業務を想定しています。

・「GTEC」商品の新サービス企画立案、既存商品のサービス強化
(お客様の課題解決のため

同社が開発している英語4技能テストGTECのサービス・商品企画開発をお任せいたします。

【詳細】
GTECをより多くの学校・生徒・学生に受験頂き、事業拡大を進めるため、以下業務を想定しています。

・「GTEC」商品の新サービス企画立案、既存商品のサービス強化
(お客様の課題解決のための企画立案~それを具現化するための業務要件定義書作成)

・商品開発のプロジェクトマネジメント
(ベンダー様との開発進行のコミュニケーションなど)

・商品・サービスの運用オペレーション設計
(実際に受験いただいたり、お客様にお届けするまでの運用フローの設計・構築など)

■GTECについて
1999年にアメリカのテスト会社と共同で開発した英語4技能テストです。
四半世紀前から「使える英語」にこだわり続け、大学入試が「読む」1技能だけの時代から、「書く・話す」まで測定し、真の英語力=4技能を伸ばすことを追求してきました。

■所属チームについて
同社学校カンパニーGTEC開発部企画開発課は、10名チーム構成となっています。
主にGTECを受検頂いたり、採点するための仕組みや方法を生み出すのがミッションです。
GTEC開発部には、実際のテスト作問をしたり、育成教材を制作したりするチームや、採点組織・基盤を整備するチームがあり、部全体の風土としては風通し良く、メンバー一人ひとりが裁量をもって業務いただけることを重視しています。


【社員の男女比】
ベネッセの正社員の男女比は、ほぼ1:1です。
男女の区別なく仕事をする環境ですので、そもそも男女の差があまり意識されることはありません。
女性が多く活躍している職場であることは事実ですが、男性だから女性だからといった理由で抜擢・登用されることはありません。

【キャリアパス】
総合職の中途採用の場合、初期配属は入社時点で決定されていますが、異動になる可能性があります。

・編集・商品企画
「こどもちゃれんじ」や「進研ゼミ」の編集、教材企画・制作、「たまごくらぶ」「ひよこくらぶ」等情報誌の企画制作から編集。
特にデジタル化を進められる人材を求めています。

・営業(法人・学校)
学校コンサルティング営業、自社発行雑誌の広告営業、地域でのイベント企画・拠点運営

・スタッフ
人事、総務、経理、法務、調達・物流、IT等などのスタッフ業務です。

募集の背景

増員募集

増員募集

応募条件

【必須要件】
・IT/デジタルサービスの企画・開発のご経験
・システム企画・開発のご経験

【歓迎要件】
・商品・サービスの企画立案のご経験

【求める人物像や資質】
・ベネッセの企業理念「よく生きる」に共感し、顧客ニーズ変化に粘り強く対応し、熱意をもって取り組んでいただける方

【必須要件】
・IT/デジタルサービスの企画・開発のご経験
・システム企画・開発のご経験

【歓迎要件】
・商品・サービスの企画立案のご経験

【求める人物像や資質】
・ベネッセの企業理念「よく生きる」に共感し、顧客ニーズ変化に粘り強く対応し、熱意をもって取り組んでいただける方
・社内外問わず、あらゆるステークホルダーを巻き込んで調整・交渉のできる方
・先を読んで計画的に行動できる段取り力があり、スムーズにプロジェクトを推進できる方
・直面した問題に対して解決策を考え、それを実行できる方
・新しい領域や技術に対して前向きにチャレンジできる方

年収

想定年収 500万~750万円
※ご経験・スキルに応じて決定します。

応相談
月収+賞与(年2回)
※経験・スキルを考慮し、同社規定により支給
●諸手当:通勤手当、時間外手当/裁量労働手当、カフェテリアプラン
●退職金制度あり

試用期間 有り(3ヶ月)
試用期間中の条件変更:無し

雇用形態

正社員

勤務地

東京都新宿区西新宿2丁目1-1 新宿三井ビルディング 15階

※在宅勤務と出社を組み合わせたハイブリット勤務となります。
 現状週1~2の出社の方が多いですが、個人裁量での調整は可能です。

【受動喫煙対策あり】屋内原則禁煙(屋内に喫煙室あり)

勤務時間

9:30~17:30
スーパーフレックス制
※1日の所定労働時間:7時間
※残業時間:月平均40時間程度

休日

土日祝、夏期休暇(6/1~9/30の間で連続して3日)、年末年始(12/30~1/4)、リスキル休暇、他

【産休・育休・介護休暇に関して】
ベネッセには、制度として「育児休職制度」や「育児時間短縮勤務制度」、「介護休職」があります。
東京の多摩オフィスには社内託児所「たまKid’sクラブ」もあります。
こういった制度を活用して多くの社員の方が結婚後や出産後も働き続けています。
対象女性社員の育児制度の取得率は90%以上です。

福利厚生

◆各種社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)
◆交通費支給(上限10万円/月)
◆ベネッセグループ共済会加入
◆各種教育研修制度

企業情報

会社名

株式会社ベネッセコーポレーション

事業内容

ベネッセコーポレーションはベネッセグループにおいて主に教育・生活事業を展開しています。

補足情報

ベネッセコーポレーションは、ベネッセグループにおいて主に教育・生活事業を行っています。

【ベネッセコーポレーションの事業内容】
ベネッセコーポレーションは、教育事業と生活事業をコア事業としています。

■教育事業
教育事業は人々の「よく生きる」を家庭教育と学校教育との関わりからサポート

ベネッセコーポレーションは、ベネッセグループにおいて主に教育・生活事業を行っています。

【ベネッセコーポレーションの事業内容】
ベネッセコーポレーションは、教育事業と生活事業をコア事業としています。

■教育事業
教育事業は人々の「よく生きる」を家庭教育と学校教育との関わりからサポートする事業です。
主なサービスは以下の4つです。

①0-6歳児向けの通信教育講座「こどもちゃれんじ」
生後6か月から小学校入学前まで、子どもの発達に合わせた教材を毎月届ける通信教育講座。
イード・通信教育アワード2018幼児において総合満足度最優秀賞、および
「ブランド信頼性の高い通信教育」「子どもが好きな通信教育」の各部門で1位を受賞しています。

②「進研ゼミ」小中高校講座
小学生、中学生、高校生を対象とした通信教育講座。
昨今の教育改革の動きを向け、英語教材の充実や新学習指導要領への対応などに取り組んでいます。
2020年4月時点の進研ゼミの会員数は190万人と、前年同月比+9万人と増加しています。

③学校向け事業「進研模試」「スタディ・サポート」
「進研模試」は高校生対象の、全国レベルでの客観的な学習到達度が測定できるテスト。
「スタディ・サポート」は進路支援教材です。現在の学力の状態や学習習慣をチェックするテスト(アセスメント)です。

④グローバルこどもちゃれんじ
中国・台湾・韓国でにおいて、「こどもちゃれんじ」を軸にグローバル展開をしています。
2020年4月時点で中国のこどもちゃれんじ会員数は110万人となっています。

■生活事業
生活事業は、女性とその家族に寄り添い、毎日をより幸せにすることを目指す事業です。
主な提供サービスは以下の4つです。

①たまひよクラブ:出産、育児情報の雑誌、ウェブメディアなど
②サンキュ!:生活情報誌
③ウィメンズパーク:妊娠・出産・育児の悩みや料理の口コミサイト
④すっく:通信販売事業

【ベネッセホールディングスについて】
1955年に創業、2009年に持株会社化に伴い株式会社ベネッセホールディングスに商号を変更しました。
教育、介護の領域を中心に、ベネッセグループとして事業を展開しています。
企業理念は、ラテン語のbene(良い、正しい)とesse(生きる)を一語にした「Benesse(よく生きる)」です。

【教育×IT/デジタル化の推進】
現在、教育の世界では「デジタル化・IT化」が進んでいます。
同社でもアプリや動画を使った学習やそういったデータをもとにしたより良い学習サービスの開発・提供を行っています。
進研ゼミは、動画やアプリを使って、より学習内容を理解できるようになったり、また、子どもたちの学習履歴を蓄積することにより、その子にとって最適な学習を提案することができるように進化しています。
そういったデジタル・ITの良さに加えて、赤ペン先生などの「人によるサポート」も変わらず重要だと考えています。
より良い教育サービスを提供するための手段としてIT・デジタルを活用しています。

この企業の別の求人

関連する求人